イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
初春
明けましておめでとうございます。

南国鹿児島とは思えないほど降り続いた雪に
窓の外のすべての景色が覆われて
新しい一年は 真っ白な美しい朝からはじまりました。
d0175338_213138.jpg

ゆっくり起きてきた次女が揃った頃に 
私は 3人分の遅めの朝ご飯を並べました。
嫁いだ頃は 夫の実家で年末年始を過ごし
元旦の朝 義母に教わりながら作ったお節とお屠蘇を
おめでとうございます の挨拶と一緒に頂いたものでした。
娘達の成長とともにあの実家で年を越すという習慣がいつの間にか簡素化されて
一夜明けたくらいでは 新年という気がしないのが本音です。
d0175338_2114582.jpg

毎年TVから流れてくる『紅白・・・』の演出を気にかけつつ
私がカタチばかりのお節を作り続けるのは
お正月らしい懐かしい風景が好きだから でしょうか。
d0175338_21145325.jpg

干し椎茸 人参 筍 ゴボウ 蒟蒻といった 
使い回しのきく単純な材料や大量に用意した出汁で
思いついたままに品数が揃っていきます。 
d0175338_21155851.jpg

義母の作る雑煮には白菜が入るのですが私の作るそれには白菜が入らない。
雑煮だけは子どもの頃の私の味覚に忠実。
しかし 夫もそれに慣れていくのかたいした差ではないのか
このことを指摘されたことはないのです。
d0175338_2120950.jpg

いつもの黄金焼きを今年は伊達巻きにしてみたのですけど
巻き方の要領がうまくわからず 慌てました。
おかげで渦巻きがどこにも見あたらず迷走 
もっとかっこいい伊達巻きが作れるようになりたい。
d0175338_21185621.jpg

飾り切りした野菜のくずを煮た具を混ぜ込んで手まり寿司にして。
ゴボウ人参もほんの少しで良い出汁が出て彩りになるから。

離れて暮らす娘と共有したいことを盛り込みながらの
そんなつたない私的なページを
訪れてくださる方々がいてくださることは
日々の記録を更新する私の気力になっているのは確か
そのことに感謝しつつ
今年も新しいページを少しずつめくってみようと思います。

どうぞ 今年も宜しくお願い致します。

by petitmugi | 2011-01-01 22:46
<< 仕事始め 年忘れ >>