イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
しずく模様のワンピース
白波の立つ海を眺めていると 心地よい風も吹いていました。
今日は処暑 暑さも峠を越えたという期待感で一杯。
残暑は まだまだ厳しいですけど 少しずつ秋を意識しています。

d0175338_18342468.jpg


先日 頂いたブルーベリーは 農園で育てられたものだけあって
果肉が柔らかくとても甘いのです。
今度ばかりは 調子に乗って焼き菓子やジャムにするのが勿体なくて
フレッシュのまま頂いています。
近頃 コンタクトレンズも合わずに疲れやすくなった私の目を
優しく癒してくれる気がして嬉しい。

d0175338_1835497.jpg


フルーツがフルーツを呼び寄せて おやつには困りません。
ドラゴンフルーツの赤と梨をカットしてマリネにしました。
加えたのは レモンと蜂蜜 ミントの葉。
色には似合わないぼんやりしたドラゴンフルーツの味が うんと引き締まります。

d0175338_18351744.jpg


北海道のM子さんから届いたメロンには 毎年恐縮します。
食べ頃の丁度良い熟れ具合はもう少し先のようでしたけれど

d0175338_18354022.jpg


新しいうちにとお福分け。
堅めのメロンでも充分美味しくて 勿体ないような贅沢を味わいました。

d0175338_18345373.jpg


出張中の夫の留守も今夜まで。

家中糸くずだらけにしても怒る同居人がいないことを良いことに
いつか縫いたかった1枚をワンピースに仕立てていました。

d0175338_18365773.jpg


昨年 上京した時
娘達に選んで貰ったLes Olivades(レゾリヴァード)の布でした。
コットン100%の美しいプリントの色合い
しなやかな光沢にはリバティ生地のような高級感があります。
松ぼっくりをモチーフを並べたデザインのMAZAN(マザン)は
遠目に見ると雫模様にも見えるしマーブル模様にも見えてきて 
柄布が苦手になってきた私にも ためらいなく着られる気がしたのです。

d0175338_1836553.jpg


レゾリヴァードはソレイヤードと並ぶプロヴァンス生地の老舗。
どんなパターンがふさわしいのか 手持ちのパターン本をすべて広げて悩んだ末に
海外竜也さんのブラウスパターンを適当なところでカットして
いい加減なギャザースカートをプラスするという冒険に出てみました。

d0175338_18361891.jpg


まだ 制作途中なのに画像を撮っていました。
18個ほど並べようと思ったボタンが手元になくて
完成まで進めないのがとても残念。

d0175338_18363060.jpg


ボタンは 白が良いでしょうか。
柄の邪魔をしない紺色でしょうか。
お取り寄せがベストでしょうか。
完成までには もうしばらく時間がかかりそうです。



沖縄本島の下を横切る台風の影響で 変わりやすいお天気が続いておりました。
雨が上がれば 手で掴めそうな虹が何度も出ては消えていきました。

d0175338_18483262.jpg


先日頂いたグリーンから赤い実も。

d0175338_184986.jpg


独り過ごす日常も 小さな感動のおかげで 色濃く過ごせています。


ゴーヤがある季節の嬉しいスムージーは
ヨーグルトやフルーツ入りで私の朝食になります。

d0175338_18475571.jpg


独りごはんに ドリンクのような冷たいおかゆ。
先日TVで紹介されていた番組をご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。
炊いたおかゆを冷やして さらに冷水や氷を入れてさらさらと緩くして頂きます。
昨年 ご近所でお茶変わりに冷蔵庫から出てきたお鍋のおかゆを振る舞われた時は 
何ですか?と戸惑ったものでした。
しかし 真夏の行事やイベントでのもてなしに 
当たり前のように用意されるおかゆの光景にようやく違和感がなくなったところです。
慣れてくると好んで食べたくなるから不思議です。

d0175338_18404164.jpg


手作りの柔らかい梅干しも 春に作って冷凍保存していたふきのとう味噌も
夏の冷たいおかゆに良く合います。

d0175338_18421077.jpg


甘辛く煮詰まった豚足は ご近所のお母さんの味。
食べられる?と聞かれて ハイ!と応えましたけど 実は 見た目から苦手です。
でも コラーゲンたっぷりよ とおっしゃったので私の食卓にも乗せてみました。

d0175338_18411598.jpg


食感のぷるぷる感も やっぱり苦手ですけど
柔らかく煮付けられていて 味は豚の角煮のそれ
命をいただいている そのことを実感するお料理です。

by petitmugi | 2013-08-23 21:53
<< 夏を惜しみつつ 送り盆の日に >>