イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
栗のタルトとブルーベリーのケーキ
明日からの雨模様・・・少しは涼しくなってくれるでしょうか。

d0175338_1422541.jpg


汗だくになりながら昨日焼いたマロンタルト。
タルト生地もべたべたの状態で 冷凍庫との行ったり来たりはまだまだ面倒です。
昨年 実家の栗が届いたのは運動会シーズンも終わった頃だったでしょうか。
出来上がった渋皮煮はお節の一品にと大事に冷凍庫に寝かせたのですけど
栗きんとんの鮮やかさにはかなわずに 
お正月からこの頃まで置き去りになっていました。

d0175338_14304583.jpg


いつものアーモンドクリームも栗の渋皮煮で作ったマロンクリームを混ぜ込んで
濃厚な贅沢なタルト・・1年に何個も作れないケーキです。

quietさんから届けて頂いたケーキトレーとドームの中に入れられて

d0175338_14291797.jpg


地味な色合いのケーキがオーラを放っているように見えるのは
私だけでしょうか。


さて 続きの日々を毎日少しずつ更新したら
画像の整理もあっという間に追いつくかもしれないと思った一昨日から
間をおかないようにこちらに座りました。

といってもアップされるのは食卓の画像ばかりですけど
よろしかったらおつき合いくださいね。



古き良き時代の日本からヨーロッパへと
さかんに輸出された時代に作られたというケーキトレーは

d0175338_14462415.jpg


想像通りフランスの古いお皿とも違和感なくとけ込んでくれていました。
30㎝ほどあるトレーに高さもあるドームで
わが家の冷蔵庫には収まらないのが残念ですけど
出番待ちの焼き菓子がドームの中に入れられています。

実家から届いたブルーベリーで作ったブルーベリーケーキ。

d0175338_1501820.jpg


レモンアイシングでてっぺんのブルーベリーはしっかりとキープされています。

d0175338_1511884.jpg


混ぜ込んだ少量のベーキングパウダーと卵で
グレーっぽい仕上がりのケーキになりましたけど
たっぷりのレモン汁で爽やかな味のケーキになりました。

この夏も実家より3回ほど送られてきたブルーベリー。

d0175338_1562190.jpg


新鮮なうちに濃厚なジャムやケーキにもなりました。
レモン果汁もたっぷりで色合いもくっきり爽やかな仕上がりです。

d0175338_1510217.jpg


サクサクのブラックココア生地の土台にブルーベリーのレアチーズケーキ。
真ん中に挟んだのは ココアのスポンジ生地
一番上には生クリームを流しました。

d0175338_15122317.jpg


こちらの2層のレアチーズケーキも
実家のブルーベリーで作ったジャムを混ぜ込んで仕上げたものです。

d0175338_15142152.jpg


このときに敷きこんだスポンジが卵を使っていることもあり
ブルーベリーの色素と反応してカット断面が変色して残念な想いをしました。

d0175338_15194643.jpg


余ったブルーベリーはグラスカップケーキにもなりました。

d0175338_15204734.jpg


ブルーベリーの小さなタルトは
カスタードクリームに徳之島産のマンゴーにデラウェア葡萄と一緒に。

ゆったりと流れる島の時間を私は台所仕事に費やしていたかもしれません。
おもてなしや差し入れの一品を理由に
例年になくたくさんのスイーツを作った気もします。
頂き物の旬の果実をお手製のスイーツに飾るときの愉しみ。
いろんな味を組み合わせていく喜びが私の好奇心を満たしていきました。

つづく

by petitmugi | 2014-09-03 22:15
<< 9月の美味しい記憶から ご無沙汰していました >>