イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
9月の美味しい記憶から
台風一過
便利な携帯電話が使用できないという影響だけを残して
秋晴れの青空が見えていました。

更新したのはいつだったかなと思いブログを覗いてみたら
もうひと月更新していなかったことに気付いて慌てたのです。
たくさんのいろいろにおもてなしに・・・
月日の流れるのが早くて追いついていません。
こんな調子でも変わらず穏やかに暮らせています。

d0175338_21391811.jpg


秋が恋しくて作ったタルト。
慌ただしく動いているうちに
徳之島にも優しい風が部屋を通るようになっていました。
南の島も暑さのピークは越えたみたい。

d0175338_21415173.jpg


そして渋皮煮のモンブランタルト。
葉っぱのチュイールは
紅葉や落葉樹を思い浮かべながら秋から冬になるとよく作ります。
生地にも渋皮煮のクリームを混ぜ込んで秋らしいスイーツを頂きました。

d0175338_2143490.jpg


昨日作ったエンガディナーは
キャラメルナッツのタルトにサブレ生地の蓋がかぶったようなケーキですけど
止まらない美味しさです。

d0175338_21434037.jpg


台風の通過でようやく秋が来てくれるのではないかと期待して
秋に似合うお菓子をいろいろ焼いていました。

d0175338_21453798.jpg


小さく焼いたプチシューは 見た目重視のかわいらしさで
おもてなしやお福分けに消えていきました。

さて 夏の記録も整理しないまま9月になっていて
振り返りのアルバムのようになっていますけど
来年の自分の為に 慌ただしいながらも愉しめたイベント事を
ここにも残しておきたいと思うのです。

d0175338_21522141.jpg


実家から送られてきた柿や栗で十五夜お月様を愛でることもできました。

d0175338_21573165.jpg


そして夫と頂いた夜ご飯。
栗の葉や柿の葉がとってもうれしかったお膳です。

d0175338_21583198.jpg


クチナシの実を入れてお月様のように炊いたさつまいもの甘露煮に

d0175338_21594536.jpg


ウサギのじょうよ饅頭。
顔を作るのが愉しい作業でした。

d0175338_2203656.jpg


差し入れに作ったお菓子達。
下には水ようかん 上には錦玉のようなゼリー寄せ。

d0175338_2211636.jpg


ダコワーズも抹茶味に小豆のあんこ入りバタークリーム。

d0175338_2232682.jpg


和のスイーツを美味しく感じた9月初旬のお菓子達でした。

d0175338_2255743.jpg


敬老会の一重に加えたお菓子は胡桃饅頭とフロランタン。

d0175338_2271911.jpg


お弁当もワンパターンですけど職人さんの竹かご重に詰めるだけで
何倍増しにも素敵に見える気がします。

d0175338_228651.jpg


お彼岸の中日に食べたかったおはぎ。

d0175338_2211647.jpg


一人ゆっくり頂いたお昼ご飯でした。 

d0175338_22123364.jpg


そして 校区の運動会に用意したお弁当。
開会式から閉会式 賑やかな宴まで長かった一日。
毎年決まったメニューですけど 忙しい朝はこれが精一杯でした。

d0175338_22144082.jpg


用意したお菓子のダコワーズにチョコレートケーキ

d0175338_22151732.jpg


胡麻団子はうき粉を使って作るお気に入りのメニューになりました。
胡麻あんが香ばしくて。
最近は 欲しいとき欲しい数だけ揚げるだけの状態で冷凍庫に並んでいます。

d0175338_22171046.jpg


おもてなしの宴。

d0175338_22185490.jpg


前菜のようなワンプレートには頂戴した薩摩揚げや鰯のオイルサーディン風。

d0175338_2219429.jpg


ただただ写真を並べただけのブログにおつき合いくださってありがとうございました。
8月の取り残された食卓画像も また記憶として綴らせてください。
間をあけないうちにそうしたいのですけど・・・。
今度こそ有言実行できるでしょうか。

by petitmugi | 2014-10-06 22:51
栗のタルトとブルーベリーのケーキ >>