イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古物と089さん
089さんの古物への独特な世界観を垣間見られた一日
お忙しい折に今日のお出かけを演出してくださったmapleさんにも
本当に感謝しています。
d0175338_22133522.jpg

089さんがご自宅の玄関先にディスプレイしていらっしゃるという古い雑貨達を
いつか拝見してみたいと思いたってからもう随分経ってしまっておりました。
ご主人の転勤を機に借りられたというお住いは
以前呉服屋さんだったという面影が大いに残るとても珍しいお宅でした。
d0175338_2215154.jpg

道路に面した全面ガラス越しのウィンドウには
春のような明るい日差しと一緒に通行人の視線も注がれていて
その先に人々の目を楽しませるように089さんのコレクションが並んでいるのです。
d0175338_22171444.jpg

089さんの若かりし頃の海外駐在時代に
少しずつ買い求められたとおっしゃるその古物は 表情を持つまでに使い込まれ
持ち主の傍らで静かに時を重ねてきた物達ばかりです。
最近は これらの古物達をもっと多くの方々に見て頂ければと
イベントにも参加していらっしゃいます。
d0175338_22175423.jpg

貼られた値札まで古めかしいから 
「これ 089さんがつけた値札シールですよね。」とお尋ねすると
古いラベルのように染めてらっしゃるとのお返事。
そのこだわりをカタチにする作業も 日々楽しんでいらっしゃるようで
こちらまで楽しくなります。
d0175338_22183127.jpg

モノ作りへの発想もなんて豊かなのでしょうかと
作られたという『もこもこ?のバッグ』を彼女にかけて貰った画像。
手作りとおっしゃったカットソーの肩にもアンティークのレースが施され
そのこびない個性を柔らかく強調しておりました。

アンティークのサテンリボンで作られたというマカロンのコインケース?
この光沢とかわいらしさがとてもリアルで素敵。
d0175338_2219471.jpg

mapleさんが作られたマカロンのポーチいっぱい!
まるでリバティの布見本市のようです。
ラッピングして箱に詰め込んで そのかわいらしいこと!
d0175338_22194095.jpg


しばらく古物達を愛でながら いろいろな手仕事を見せて頂いていたら
d0175338_22201998.jpg

テーブルの上には089さんの用意してくださったお昼ご飯が並んでいきました。
カフェさながらの料理やお茶が運ばれて
もてなしされるって もてなすよりやっぱり嬉しい。
d0175338_2221886.jpg

個性揃いのワンプレートに盛りつけられたお料理の数々。
d0175338_22233717.jpg

ルイボスティとおっしゃったかなぁ・・・なんだか気持ちいっぱいになって
d0175338_22242916.jpg

しみじみと頂きました。
「特別なものは何も用意してなくて。」とおっしゃったけど
港町らしい素材に地元産の野菜根菜を丁寧に調理していらして
d0175338_22251917.jpg

さじ加減もとても良くて あっという間に間食しておりました。
d0175338_222646.jpg

食後のデザートも 数種類用意してくださっていて
しっとり優しい味が身体に染みこんでいくようでした。
d0175338_22263817.jpg

大納言ケーキと卵黄が主役のカステラ。
d0175338_222773.jpg

先日から預かっていた超がつくくらい急ぎの仕事を
かつてないくらい真面目なスピードで仕上げて
早朝自宅を北上し無事イラストをお渡しし
その後 ずうっと南下してたどりついたかつおの町 枕崎でした。
食や自然 そして人 魅力ある町に また出会えた気持ちです。

忙しいのを理由にストーブに作らせたジャムは
ささやかなお土産用。
d0175338_222813.jpg

心地よい睡魔に襲われながらも 今夜はたくさんの画像を並べました。
歳を重ねる事に力みのない出逢いが増えていきます。
老後へ思いをはせながらも 夢は少女のそれのように輝いてる。

by petitmugi | 2012-02-24 00:09
優しい時間
年が明けたらもう一度 と約束して別れた彼女の今日の訪問に合わせて
少し先取りのひな祭り女子会くらいの気持ちでどうぞ と
Mちゃんも誘って過ごした一日でした。 
学生時代 同じ学舎で過ごした同士 
それぞれの紆余曲折の年月を重ねながらも
すっと学生時代のあの頃に戻っていけるのは嬉しい。
d0175338_2120457.jpg

ウェルカムのお茶請けにとこしらえた桜餅で
気持ちは春になりました。
d0175338_21462366.jpg

大ざっぱに一汁五菜くらいを意識して
これは前菜のつもり
これがメインディッシュのつもり
これがお汁の変わり・・・と思いつくままに盛りつけた惣菜でした。
何事も余白は大事だとわかっているのですけど。
d0175338_2147365.jpg

今の季節に作るカリフラワーのカレーマリネは
蜂蜜 塩 胡椒 カレー粉 オリーブオイル  酢 
パセリのみじん切りで作った液に和えて一晩おいたものです。
母がハウスで作ったミニトマトも酸っぱすぎるから
蜂蜜とレモン入りのシロップ漬けにしました。
d0175338_21481283.jpg

枝豆入りジャガイモ餅の一品は
この前作ったレンコンのしんじょ椀のアレンジ。
d0175338_21484253.jpg

鶏ささみ海老マヨのアレンジには
マヨネーズにサワーポメロジャムを足してみました。
爽やかな甘味と酸味が加わり嬉しい味になります。

最後までちらし寿司にしようかと迷っていたのですが
今日も裏巻きになりました。
サーモンとアボガド巻き。

ロールキャベツをまるごとは大きすぎると思ったので
輪切りにして盛りつけました。
d0175338_2149686.jpg

そして最後にお出ししたデザートには
サワーポメロのゼリーを一緒に。
赤色が欲しかったかな
いちごがもう少し安値で買えるようになると嬉しいのですが。
d0175338_21495797.jpg

わが家の居間に とても優しい時間が流れていました。
枝葉を軽くして地面に根っこをはる冬も とても大切なステージ。
手を取り合って軽やかに歩いていきたい。
 

by petitmugi | 2012-02-17 23:49
バレンタインデーとサワーポメロ
先週には チョコ菓子作りに最低必要と思われる道具材料等々を取り揃え
娘達への食料定期便に加えて送ったところ
おかげで私も早々にバレンタインデー気分を味わえました。
d0175338_14292456.jpg

夫に私も一皿。 

いつもの生チョコレートケーキ
簡単なトリュフやアマンドキャラメリゼ マンディアン 
サワーポメロピールで作ったオランジェット。
ケーキを組み立てる課程で道草したり横道にそれながら余ったチョコで遊んでいました。
d0175338_14324334.jpg

週末辺りから多くのご家庭でも甘い香りに包まれた手作りの時間が
繰り広げられていることを想像しながら
工作のようなチョコ菓子作りを 私も1人楽しみました。

d0175338_14301869.jpg

実家の両親にも会い父にもチョコのお裾分け。
d0175338_14592570.jpg

先日から 茹でてはさらし を数回繰り返し
砂糖と水 白ワインで煮たサワーポメロピールを
カラカラに乾燥しようと干していたけれど
もう待ちきれずにチョコにくぐらせていました。
d0175338_14305166.jpg

半分は グラニュー糖をからめてお茶請け用の砂糖菓子に。
阿久根名産のボンタン漬けのような あれです。
d0175338_1431316.jpg

それから 刻んだピールをさらにホワイトラム酒入りのシロップに漬け込んで
焼き菓子の材料にしようと瓶詰めしました。
d0175338_14351912.jpg

本当は捨ててしまう柑橘類の皮も ほんの少し手をかけてあげるだけで
とても豊かな食卓を演出してくれます。
収穫したばかりのサワーポメロはまだ甘味がのっておらずに
その果肉は酸っぱさが際だっています。
ですが 甘味がのって来る春先には皮の新鮮さが消えてしまうので
このタイミングならではの大切な試みです。
皮のみ取り除かれた大量の果肉は サラダやドレッシングの酸味として加えたり
蜂蜜や砂糖で甘味を足し軽くコンポートしゼリーにしたり
これも手を加えて楽しめます。

母が
「甘酒が とても身体に良いらしいの!NHK見てた?」
と嬉しそうに言いつつ持たせた自家製の甘酒。
独特な甘味を牛乳で割ったり生姜湯で割ったりしながら
いつも懐かしさに包まれています。
d0175338_14335752.jpg

バレンタインが終わったら 
春を待ちわびる雛飾りを愛でる季節がやってきます。
今日は 居間に小さな飾りを置きました。

by petitmugi | 2012-02-14 23:12
特別な時間
友人に誘って貰うのが嬉しくて
現実逃避のようなおでかけを重ねた日々でした。

学生時代共に過ごした貧乏自慢から老後の夢まで
盛りだくさんの楽しいおしゃべりはいつもの彼女たちと。
近い将来にスポットを当てて
夢見心地の世界へ誘ってくれるY子さんとのおしゃべり。
同世代を語りながら 自分のことも大切にしたい年齢にさしかかってることに
気付くのです。

トロイメロイさんのお庭に満開の花を咲かせていた『蝋梅』(ろうばい)。
d0175338_21365330.jpg

真冬の寒空の下 そこの一角だけに灯りが灯ったように本当に美しかった。
ワックスペーパーのような質感を持ち 
花びらに触れるとクシュッとかわいい音を漏らす。
ロウバイという響きから勝手に連想してしまった『老梅』という文字は
早々に頭の中から消えていました。
きっと蜜蝋細工のようなその姿から名付けて頂いた名称なのでしょうね。
d0175338_21372453.jpg

甘い香りが部屋中に漂い 一足先の春を味わっています。 
いつものおやつに ちょっと添えられる花があるのも嬉しい。

チョコレートケーキを作った時の余ったスポンジで苺を巻きました。
d0175338_21375467.jpg

そして 触ると壊れてしまうのではと心配になって
掌に乗せるのすら勇気がいった磁器のブローチ。
友人達と覗いたCALICOさんで出逢いました。
私の胸に このブローチが着けられることはないかもと思ったのですけど
どうしても連れて帰りたかった。
d0175338_21444555.jpg

引き出しの中の箱を開けて眺めては ただ嬉しくなる。
それだけでも充分な心を貰えるから そんな役目を負わせることにしました。

さて 一気に春が来た気分のわが家で 週明けには描きあげて届けるからと
母に適当ないいわけをしながらなかなか描き進まないサワーポメロ便りが
ここにきてようやく仕上がりました。
d0175338_21475520.jpg

例年より文字が多かったかな。
高齢の方でも読みたくなるように 
「絵をたくさん字を大きく。」って母に指摘されるのですけどね
今年も読み辛いお便りが出来ていました。

美味しいコーヒー豆もありがとう。
冬ごもりの日に 上質なコーヒーがあると随分頑張れます。
d0175338_21401462.jpg

先日ミニクグロフで焼いた小さなケーキ。
d0175338_21382689.jpg

ホワイトチョコチップが冷凍庫に入っていたので焼いた
いつものチョコチップクッキー。
d0175338_21392558.jpg


by petitmugi | 2012-02-10 23:20
節分の日に感謝
なんだか眠気を誘う昼下がり 今日は立春。 
寒い日が続きますけど今日の穏やかな日差しに心も和らぎました。

昨日は節分の一日を ようやく実現した顔合わせ
mapleさんと089さんと過ごしました。
お土産に頂いたお菓子は
かんころ餅のような干し芋の味がして どこか懐かしさがこみ上げて来ます。
d0175338_11121775.jpg

それぞれお忙しいところを この日に合わせてくださってのランチ会
おつき合いの年月に差はありますけど
いろいろな引き出しをお持ちのお二方 
いつもおしゃべりな私が寡黙になりながら(笑)
圧倒される程の引き出しから引っ張り出される会話は
女子会の域を超えてときおり子育てセミナー 
カルチャースクールのようでもありました。 
d0175338_11131094.jpg

少しだけ節分も意識したのです。
ご家族と頂く夕ご飯の太巻きにかぶらないように控えめに用意した裏巻き。
d0175338_11134618.jpg

私の育った実家では 節分に太巻きを頂くという習慣はありませんでしたが
赤大根の酢の物は 節分の夜のご馳走でした。
母は今でも 節分用に持っていきなさいと
畑の色つき大根を分けてくれます。
d0175338_1115185.jpg

大根は 豚バラと煮込んで 
芸術的な姿をしたロマネスクという珊瑚カリフラワーを添えてみたのですけど
今一つ似合いませんね。
d0175338_1114123.jpg

母の畑の野菜にサワーポメロジャムで煮た鶏肉を和えたサラダ。
スーパーに並びにくい珍しい品種を作りたがる
母の好奇心旺盛な野菜作りには いつも感謝。
d0175338_11162874.jpg

紫芋は大量にふかしてつぶして冷凍庫に小分けしてストックしてありますので
あとは玉ねぎのスライス炒めを足してスープ牛乳でのばし
ミキサーで撹拌して出来上がるお手軽メニューです。
スープのお供に焼いた天然酵母のパンを一切れでも味見して頂くつもりだったのに
お出しするのを忘れていました。
d0175338_11144388.jpg

ブリとサワーポメロのカルパッチョは 適当に材料を皿に並べた後に 
美味しいオリーブオイルと塩
黒胡椒 赤胡椒 あごだし白ポン酢『これから』をかけています。
調味料は贅沢だけど 簡単な一品です。
d0175338_1117150.jpg

レンコンのしんじょ椀。
ジャガイモ 山芋 大根 サツマイモ 里芋といろいろな応用が出来る椀物です。
銀杏と椎茸入り。

磯遊びもプロ級の彼女が差し入れてくださったナガラメの甘辛煮は
冷凍庫に保存してらしたというとても貴重な一品。 
磯の香りはそのままに美味しく調理してありました。
d0175338_1116327.jpg

「It was good taste!」
彼女を講師に 途中から英会話サロンと移行していくノリの良さ。
d0175338_14323067.jpg

「糸子」ではないけれど
体型に合わせて裁断し試行錯誤で縫っていかれるとおっしゃる。
洋裁の腕前はセンスと個性がキラリと光り
味わい深いオリジナリティを醸し出しています。
なんて柔かい方なのだろう。
d0175338_11173731.jpg


数時間かけてランチを頂いたあとに ようやくお出ししたデザート。
2月の声を聞くと チョコレートのお菓子を作りたくなります。
d0175338_11182265.jpg

夫のおやつや夕飯にすぐに役立ちそうな物まで頂戴して
お手製のクリームパンや惣菜に混ざって
お嬢ちゃんが作られたというトリュフも!
風味の良いクリーミーなチョコがすうっと溶けていきます。
d0175338_11191512.jpg

ゴボウや人参にたっぷりの鰹節が入っていたのは
枕崎ならではでしょうか。
ご飯が美味しい。
d0175338_11195231.jpg

湯がいていたほうれん草にこのお味噌を足して和えただけなのですが
美味しい一品になります。

そして 彼女がプレゼントして下さった小麦の古いブローチ。
d0175338_11203283.jpg

私は このブローチの似合うコートが作りたくなりました。

お客様に気遣わせないよう喜んで頂けるようにと
実家から運んだ野菜中心に作るお昼ご飯作りも楽しめました。
昨夜から 週明けには提出予定のイラストも また描き始めました。
いつも忙しく動いていらっしゃるお二人に時間を作って頂き 
こうして刺激的な時間を愉しめたことは
また今日の自分へプラスとなって返ってきます。
感謝です。

by petitmugi | 2012-02-04 15:33