イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

島で暮らすことになりました
お彼岸の頃やってくる亡き義父の誕生日に 
義母のこしらえたおはぎを頂いてきました。
d0175338_19493336.jpg

久しぶりにここに座りました。
長いご無沙汰に頂いたメールも放置したままでごめんなさいね。
少しずつお返事書かせて頂いています。
d0175338_1950175.jpg

実家に咲く白木蓮の花が 羽を休めて眠る小鳥のよう。

少し肌寒い春風に緊張を覚えながらひたすら動くだけの日々を送っておりました。
今月末には2年過ごしたこの住まいを引き払い 
新しい地へ移り住むこととなった私達夫婦。
あれから2週間 自宅で東京で過ごした娘達との時間も
随分昔の事のように色あせ 
私は膨大な量の荷の整理処分とひたすら向き合っております。 
夫の勤務地異動に伴い数年おきに住み替えを繰り返していると
環境に順応する苦労もいつしか楽しみに変わったものでした。
しかし いつもとちょっと違うのは 
もう少しここで暮らせると思っていた折での転居だということ。
そして 初めて訪れる南の島が私達の住まいになるということ。

新しい町で必要とされる住民の1人となれるよう心を込めて暮らしたい。
船だと10数時間?飛行機だと1時間?かかる海の向こうにある行き先が 
遠く遠く 寂しくないと言えば嘘になります。
d0175338_19503997.jpg

野菜を食べていたら疲れないからと
母の持たせた大量の野菜。

出発までの残り少ない日々を指折り数えてみると
突然すぎたこの度の出来事に 
想いを巡らしている時間も残されていませんでした。
もう一度一緒にご飯を頂きたかった方
直接お会いしてしばしのお別れを申し上げたい方も大勢いらっしゃるのに
その時間を捻出できるか今は想像できずにおります。
d0175338_1951657.jpg

その野菜で作ったパスタサラダ。
虫になった気持ちで野菜を食べています。

捨てられない想いに浸りたくなる瞬間
娘達が小学生の頃作ったミニ絵本の愛おしさに手が止まりました。
d0175338_19524165.jpg


ときめいてもときめかなくても
処分対象になってしまう娘達に置いて行かれた多すぎる荷を
「捨てるの?なら貰って良い?」
次女仕様の小物を友人がそっと拾ってくれました。
d0175338_1956485.jpg


娘2人も 夢と現実との狭間で踏ん張っております。
この春 新社会人としてデビューする長女。
少しずつカタチになっていく次女の仕事ぶり。
それぞれ憧れの業界へと歩を進めながら 
関わる多くの方々に育てて頂いている。
子育てオタクもそろそろ卒業の頃の私。
ただただ感謝。
d0175338_19532689.jpg


娘達の後ろ姿に励まされながら
私達にも 新しい場所でいつもと変わらない暮らしが
1日も早く訪れますようにと祈るばかりです。

またしばらく更新が滞ることとなりますが
落ち着きましたら またこの場所で新しい暮らしを綴って行けたらと思っております。
d0175338_19512954.jpg

どうぞ 皆様の傍に穏やかな春がありますように。

by petitmugi | 2012-03-24 00:06
娘達の帰省
先に帰省した次女は友人達とのおしゃべりに出かけたまま未だ帰らず。
今夜は半年ぶりに娘達2人揃い遅めの晩ご飯時を迎えるはずだったのですけど
もう空の上にいるはずの長女からの電話にはびっくり!
d0175338_21245487.jpg

鹿児島行きの便に乗り遅れてしまったと申し訳なさそうに話す長女が 
明日の早朝便に振り替えて頂けたというけれど
その乗り遅れた理由もかわいい言い訳にしか聞こえずに。
d0175338_21252345.jpg

途中から失速したご馳走作りの続きは明日に延期
次女のリクエストに応えて炊き込みご飯を用意しました。


それから先日のこと
一昨年前に購入していたリバティで服を一枚縫いました。
半年前に長女が縫った海道竜也さんのパターンを簡略化したものをそのまま真似て
d0175338_21254715.jpg

長女に縫ったワンピース。
手作りの服を今でも喜んでくれる娘はとても貴重だと思うから。

natyucottonさんのアドバイスを頂きつつ選んだ赤茶色のボタンは
柄に溶け込むお花みたい。
d0175338_21261921.jpg

もしかしたらこっちの方が印象深いだろうかと迷いつつ選んだもう一種類は
次回の服作りに役立てるつもり。

d0175338_2127517.jpg

いつ出来上がるか不安だったせいで半袖の夏仕様の一枚になりましたけど
いつか着用姿もご紹介できるでしょうか。

さて 明日は空港で長女を拾いそのまま実家参り。
この週末をこちらで過ごした後は 娘達と一緒に私も上京します。
長女が4年間過ごした美しい学舎をもう一度見ておきたくて 
卒業の学位授与式に合わせて。

by petitmugi | 2012-03-10 08:23
春の日のプロローグ
少し乱暴であたたかな雨も早々に止んで ゆるりと春が降りてきた一日。
追われるように過ぎる毎日にも
捨てられない大切な時間もありました。
d0175338_1823590.jpg

集落のお姉様方10数人で出かけたイチゴ狩り。
まだまだ貴重なイチゴを丁寧に選び重さを気にしつつカゴに摘み入れ
それでも充分な春を過ごせました。

情報収集に悩みすぎて ちっとも先に進まなかったデザインは
今回も切り絵で仕上げました。
単色で仕上げるという依頼を頂いた時のみ 時々登場する切り絵です。
老舗のこだわりとあたたかな雰囲気をお洒落に表現するのはとても難しい。
d0175338_1842391.jpg

提出し終えた解放感も手伝い サイドボードの上に春の花も飾りました。
本当は桃の花と菜の花が欲しかったのですけど。
d0175338_1845819.jpg

春の弥生のこの良き日・・・
のひなまつりももうすぐ。
d0175338_1853151.jpg

この古布のおひなさまに一目惚れし
譲って頂いた日から10数年になります。
そして 久しぶりに焼いたケーキは桜のシフォンケーキ。
d0175338_1855410.jpg

刻んだ桜の葉入りでほんのり塩味が効いています。
d0175338_1863083.jpg

型の底に敷いた桜の塩漬けは 予想外の地味な装い。
スポンジのキメも整わずビジュアルも今一つですけど
軽やかな優しい食感や味わいは春のお茶時間にぴったりです。


そして いつも静かなわが家の居間がとびきり華やかな空間に変わった1日。
d0175338_1883863.jpg

今日は 友人Y子さんとそのお嬢さんKちゃんがわが家へいらっしゃいました。
この春 鹿児島を離れ進学されるKちゃんの
プライベート名刺やお礼状等ポストカード作りのお役に立てればという趣旨で
プチ撮影会が始まったのです。

d0175338_18395294.jpg

久しぶりにお会いしたKちゃんは 
小さくまとめた髪に透き通るような肌がそれはそれは美しく
「おばちゃんは ずうっとKちゃんを見ていたい。」と
何度つぶやいたことか・・・大事に育てられたことも想像させる背景は
美しい手の指先にも現れていて それはまるで作品のようでしたから。 

幼い頃からバレエを習っていらしたKちゃんの
踊るシルエットもカメラに納めたかったのですけど
わが家の畳の間では 想像したとおりどうしても無理がありました。
d0175338_18424090.jpg

それでもポーズをとってくれた彼女。
d0175338_1865828.jpg

何気ないちょっとしたしぐさもとても綺麗でした。
今月半ばには東京でのオートクチュールデザイナーのショーで
モデルを務めることになっているそう。
笑うとまだまだ少女のようだけれど
ときおり憂いを帯びた表情を見せる彼女に完全に魅せられてしまいました。
おかげで私も半年ぶりの美容院へ行きたくなりましたから。
若いっていいなぁと久しぶりに思えた1日。

それから 用意していたお昼ご飯を囲みました。
d0175338_1892782.jpg

Kちゃんはカレーが好きって以前聞いたことがあったから
大根にはカレー味のそぼろ・・・ドライカレーのようなそれです。
さば切り身もカレー粉をまぶして焼いて。
紫芋のポタージュ。

d0175338_1895445.jpg

作り置きのお弁当みたいな惣菜の数々。
d0175338_18105916.jpg

きんぴらゴボウはマスタードで和えて。
安納芋のポテトサラダ
紫キャベツのコールスローサラダ。
いつもの卵焼き
d0175338_18454548.jpg

少しのしゃぶしゃぶ肉にはごまだれ。
コールスローサラダにはヨーグルトのソース

若い子にはヘルシー過ぎるかなぁと思ったから
d0175338_18101956.jpg

ピザを焼いて。

by petitmugi | 2012-03-01 23:26