イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

手仕事が加わりました
昭和レトロな住まいを より愛着の持てる部屋になるよう
許される範囲での空間作りを楽しんでいました。
d0175338_8214075.jpg

勝手口上付近に吊り下げたこの流木は20年近く持ち歩いているものです。
幼かった娘達と出かけるのに程よい距離に浜辺があったあの頃を思い出す
捨てられない一本なのです。

そして 合間をみつけては布を広げています。
d0175338_830394.jpg

とりあえず部屋中の窓や仕切りを白い布で覆ったのですけど
全くときめかず・・・。
d0175338_8315691.jpg

高齢な方々が生き生きと暮らしておられるここの日常や
トロピカルな風景がお洒落に重なったのは
いつの日か見たことのあった一本の映画。
d0175338_831767.jpg

『ホノカアボーイ』のビーさんのお部屋みたいに
かわいいカーテンが並んだら素敵 という思いから
今まで縫った服の余り布をつないでいました。

d0175338_8323412.jpg

まだ制作途中ですが
陽の光が差し込む洗面所や台所の窓辺を飾る一枚。

欲しい布を選びに いつでも出かけられた日が今の日常にはなくて
少し寂しい気もしますけど
ネットで買えないものがない便利な時代にもなりました。

お菓子作りも材料のお取り寄せで以前と変わりなく楽しめます。
そして先日から友人と一緒に始めたお菓子作り。
まずはおしゃべりに夢中でも失敗しない『マドレーヌ』作りから。
d0175338_8334251.jpg

週1回のペースでどこまでいけるでしょうか。
忙しさを理由に避けてきた 実験のようなお菓子作りレシピを
整理できる良い機会になるかもしれません。

いつか ビーさんの『マラサダ』も作ってみたいなぁ。
d0175338_8335410.jpg

そして 惣菜を並べたランチを頂くひとときが幸福感をもたらしてくれます。
久しぶりに焼いたパンは
d0175338_8331044.jpg

いちじくとクルミ入りの全粒粉を混ぜ込んだパン。
ドライイーストと同じように扱える白神こだま酵母でもっちりしっとり焼けました。
うまく入らないクープは相変わらず。

ここを訪ねて下さる方を相手に 
いつものご飯やおやつ作りを大げさに楽しんでいます。
d0175338_8343648.jpg


by petitmugi | 2012-04-26 10:28
食卓から始まる日々
今が一番良い季節とおっしゃったここの春
この道の先には東シナ海の大海原と地平線が広がっていて
よく晴れた日には浜辺まで出かけたくなるものです。
まだまだ観光客気分が抜けない私。
d0175338_1245327.jpg

さとうきびの春植えで多忙な季節
徳之島の黒砂糖はミネラル豊富でとても上質だという話を
以前から伺っており愛用しておりました。
d0175338_12461077.jpg

刻んだ黒砂糖に水を加えて鍋で煮詰めた黒蜜は
料理にコクを出したいときに蜂蜜の代わりに加えたり。

引っ越しの荷が出る前日 貯め込んだ冷蔵庫の食品を捨てるのが忍びなく
期日指定のクール便で新居に送ったのが 今とても役に立って
d0175338_1247692.jpg

以前と変わらない日常で私を癒してくれています。
くず餅に黒大豆きなこと小豆あんを添えて
のど越しの良いおやつを作りました。

お向かいのIさんおすすめ徳之島の手摘み青海苔も
私のお気に入りの食材です。
味噌汁や吸い物椀 卵焼きやかき揚げ等いろいろと重宝しております。 
d0175338_12463069.jpg

赤土の土壌で育ったジャガイモをすりおろし
青海苔を加えて作ったジャガイモ餅を素揚げして
筍と一緒に椀物に仕立てました。

筍と山椒は実家から送られてきた素材です。
d0175338_12475598.jpg

ストアに並ぶ葉物野菜はとても高価なので
実家の畑産直の野菜もとても貴重な食材という意識に変わりました。
d0175338_12525844.jpg

実家が半日あれば十分行き来できた距離から
まず航空券の予約が必要な場所へと来ましたが
気がかりだった義母や両親は 
足腰が弱っていても気丈に私達夫婦を気遣ってくれています。
恩返しできる日もそのうちに来るのでしょうか。
d0175338_12495154.jpg

ごぼうと人参 椎茸を足して作った筍の炊き込みごはん。
旬の味です。

いろいろなサラダ菜数種類は なんでもない一皿に表情を出してくれます。
d0175338_12482156.jpg

鶏胸肉に野菜を巻いてサラダに添えて食卓の彩りにしました。
d0175338_12484041.jpg

ストアの生鮮食料品の物価を高く感じるのは運送賃を加算されてのことでしょうか。
でも そのおかげですべてが貴重な食材ととても大切に扱うようになりました。
この時期の物産館では百円くらいで買えたかなぁと思いながら
3倍くらいのお値段の小粒なイチゴを1パック買ってきました。
d0175338_1249148.jpg

ジャムを少しだけ煮て それからイチゴのムースを作り
午後からおしゃべりに出かけて来てくれた友人Tさんと頂きました。
彼女が 新しい環境で暮らす私の不安をどれだけ取り除いてくれたことでしょうか。
忙しい合間に こうして私に付き合ってくれる彼女にとても感謝しています。

これから島独特の特産物に出会うのも楽しみでもあります。
豊かな食卓に思いをはせていると
とりあえず見えないところに押し込んだ段ボールの山が
いつから減ってくれるのだろうかと心配にもなります。

by petitmugi | 2012-04-19 15:28
新しい暮らしが始まりました
春の徳之島は 空も高く海も広く青い景色が随分おおらかでした。
空港に降り立った時から緊張をほぐしてくださった皆様のあたたかさも
私たちの心に染みました。
d0175338_2025826.jpg

ここは自然公園?と疑うような南国特有の風景も
なんでもない我が家の日常にあるわけですから
本当に遠い南へ来たんだなぁと
しみじみと思えるのです。
d0175338_20253756.jpg

お土産品にあるようなパパイヤ漬けも作れるようになるのでしょうか。

桜の花はどこにも咲いていないけれど
道路沿いのハイビスカスは色鮮やかに 道行く人を見守っていました。
d0175338_2026657.jpg

洗面所から外へと続く扉の向こうには柑橘の木が1本。
この時期果汁も出ないくらいパサついてしまった実は食べられそうにないけれど
香りのよい皮は 美味しいママレードになるかもしれません。


d0175338_20263555.jpg

いろんなところにガムテープの補強が目立つ古い住まいですけど
レトロな雰囲気には心踊りました。

台所の他に6畳2間 それから東側と西側に得した気分の縁側。
d0175338_20271428.jpg

朝陽の差し込む窓辺のある台所が 私は好きです。

今日も
喜びの1日になりますように
と祈る場所。
d0175338_2028134.jpg

引っ越す度に大事に運んでいた古い箪笥や箱火鉢 多すぎた器 
次女のトルソーや古い学校の机や椅子まで
いろんな方々のもとへと旅立っていきました。

それでもコンテナで運ばれてきた 離れ難かった家具たちは
新しい環境に慣れることに必死の私たち夫婦を
心から慰めてくれます。
d0175338_20284026.jpg

空港に見送りに来てくれた友人たちから頂いた花束。
1日も長く眺めていられるように水替えはとても大事でした。

d0175338_20292337.jpg

かわいい花がいつでもどこでも買えた以前の日々を思い
今日は花の種も買ってきましたから。

潮風を感じながらどんな花が育つのでしょうか。
まずはそこから。
d0175338_20295669.jpg

刺し子の一針一針を見ていると
いつも優しかった彼女の心遣いが蘇ってきます。
d0175338_20302026.jpg

そして寂しくなったらこのリングを指につけて眺めてみます。
お手紙も読み返します。

たくさんのご縁も一緒に連れてきたつもりですけど
高い航空券を思えば やはり遠い本土。
d0175338_20312615.jpg

手編みのコースターでお茶を飲みながら
楽しかったおしゃべりも思い出してみます。

こちらに来て1年の古くからの友人Tさんに
赴任初日からおおいに甘えながら
まだまだままごとのようですけど
一緒にご飯を食べる楽しみもできました。
d0175338_20315579.jpg

使いやすい台所になるまでしばらく時間もかかりそう。
それでも 今夜はここへ座れて嬉しいでした。
d0175338_20322946.jpg

今日は慌てて電気屋さんへ行き
新しいパソコンを購入し ネット環境のみ整えた1日でした。

そろそろ開いてみなければと電源を入れたパソコン。
長く船に揺られたせいでしょうか
あっという間に熱を持ち ぶちっとキレたような音と一緒に電源も落ちること度々。
9年愛着を持って育ててきた私のパソコンはかなりの重症に陥っていました。

メールの送受信もよくわからぬまま
新しいパソコンにも多くのメールが入ってきました。
お気遣いにとても感謝しております。
お返事の便り ゆっくりのペースですが書かせていただきますね。

たくさんの画像と共に今夜も長い書き込みになりました。
少しずつですが調子に乗りつつも
いつもの日々を綴っていけたら嬉しいです。

by petitmugi | 2012-04-12 23:08