イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

美味しいは嬉しい
深い青の広がる海辺でした。
新しい毎日は人々との出逢いを誘い 新鮮な感動で日々を埋めていきます。
パソコンの前に座る静かな時間を作ることも後回しにして
私は これというこだわりもなく動いています。 
d0175338_2230710.jpg

遠浅の美しいサンゴの海に そんなつもりはなかったのに胸まで浸かって
どこから見ても中途半端なモズク採りです。
お椀一杯くらいの漁で その夜は質素なモズク祭りを大げさに。 
d0175338_2230344.jpg

実家から届いたキジの卵とすり下ろした長芋を添えて
こりこりねばねばの食感を愉しみました。
有難い食と人とのご縁に ただ感謝。

ずうっと北の国のM子さんの畑には
いつものようにアスパラの季節がやってきて
d0175338_22185135.jpg

いつものように作らせて頂いたお便りも添えられ
我が家の食卓にも初夏が来ました。
d0175338_22272978.jpg

北海道のアスパラを惜しげもなく調理して贅沢な朝ご飯ができるのも
M子さんのアスパラがある今の季節のみ。
d0175338_22283340.jpg

実験のようなレシピつくりに
d0175338_22284543.jpg

欲張って野菜を入れ過ぎたものだから
水分が多すぎました。
キッシュのそれのようになってしまったケーク・サレ。 
d0175338_22292225.jpg

M子さんが サイズの選別をする間もなく
朝採りしたアスパラを箱に詰めて大急ぎで送って下さるので
サイズに合わせてメニューを工夫する愉しみもあります。
細めのアスパラをマリネにしてみたり。

丁子屋さん『なごみ酢』にオリーブオイルや黒胡椒等を足して
d0175338_2229345.jpg

海を越えても お安い送料でお取り寄せできるお醤油に頼りながら
変わらない食卓を作っています。

もう丁子屋さんの白だしを切らしてしまったという娘。
それでも お弁当用のきんぴらゴボウや肉じゃがを作ってるというけれど
美味しくできてるのでしょうか。
鹿児島の甘いお醤油からなかなか卒業できない娘達も
渋谷ヒカリエさん内のD&DEPARTMENTで
麺つゆ等が買えるようになったことを喜んでいます。
以前ですといろいろな食料品をみつくろい一緒に梱包して送ったものですけど
こちらに来て何の送り物もできていないのが
少しストレスでもありました。

それで 荷物は増やさないつもりでしたけど
夫に専用の冷凍庫を買って貰ったものだから
毎日が冷凍食品作りの日々と化してきました。

d0175338_22313319.jpg

いつものダコワーズは 無塩バターをきらしていたのに手に入らず
有塩バターでバタークリームを作ったので
塩味のコーヒークリームになってしまいました。

ボート型のタルトにはアントシアニンがたっぷりの紫芋を詰めました。
d0175338_22314644.jpg

作ったキャラメルのクリームを
d0175338_22321041.jpg

アイスクリームに混ぜ込んでみたり
d0175338_22315870.jpg

パンに巻き込んでみたり
d0175338_22324523.jpg

巻き込んだついでにツナと新玉ねぎの調理パンも。
d0175338_22325676.jpg

「今年も 元気な証拠を送りました。」
とおっしゃる電話の向こうの優しい言葉に 有難かったトウモロコシ。
その瑞々しさと甘みは独り占めできずに
あっという間に消えました。
娘達にも 冷凍のカットコーンを作ってお福わけ。   
d0175338_22333463.jpg

お弁当のおかずに便利な材料や昨夜こしらえたご飯物や惣菜も含めて
今朝 集配の方にお願いしました。
炭水化物中心の冷凍食品 娘たちは喜んでくれるでしょうか。

by petitmugi | 2012-05-28 09:43
はじめましてのパパイヤ
アカショウビンの澄んださえずりで目を覚ます朝が
なんでもない日常だと感じられるようになったことは
ここの暮らしに馴染んできたという喜びなのでしょうか。

Tさんとちょっとそこまでお出かけした後
終わりのないおしゃべりに今日も元気をもらった一日でした。
d0175338_20473642.jpg

下ごしらえをしておいた材料で 彼女と一緒にいただくランチを用意する時間は
日常の延長にあるもてなしですけどとても新鮮に映るのです。
d0175338_2044866.jpg

ご近所の方から頂いたパパイヤは 生まれて初めて出逢った食材。
あく抜きしたら大根のように生でもよし 煮ても炒めてでも大丈夫
というアドバイスを頼りに とりあえず食べられるように変身させてみることに。

千切りしたパパイヤは 
きゅうりや酒蒸しした鶏肉と一緒に生春巻きにしたててみたり。
d0175338_20452179.jpg

しゃきしゃきとした歯ごたえが良いアクセントになるのです。

青パパイヤは酵素が多い食品でお肉を柔らかくする作用があるとおっしゃる。
お出汁のつもりで一緒に煮込んだ豚骨も 楽に食べられる柔らかさ。  
d0175338_20453597.jpg

その煮込んで柔らかくなった青パパイヤは 冬瓜のよう。
d0175338_20454887.jpg

きんぴらにして日持ちのする惣菜にしてみると
ごぼうよりすっきりした味に仕上がった気がします。
d0175338_20444946.jpg

黄色く熟したパパイヤもサラダに混ぜ込んでみました。
見た目はマンゴーなのですけど 大人しい熱帯野菜という感じ?

そして 初夏の訪れを実感した桜島のビワ。
この時期になると ご自宅で育てられたという貴重なビワを
丁寧に梱包して届けて下さる心遣いに頭が下がります。
d0175338_2044232.jpg

少しずつおすそ分けした後 お菓子作りの材料になればと煮てみます。
d0175338_20461660.jpg

とりあえず 器に入りきらないシロップでゼリーを作ってみたり。
冷蔵庫の中で次の出番を待っています。
d0175338_20472464.jpg

私の自己満足に過ぎないけれども 
差し入れさせていただくお付き合いも 大切にしたい。
d0175338_20462820.jpg

最後だからと 母が送ってくれたサワーポメロもゼリーにして。

スーパーの見切り処分のバナナを見つけたら
いつも作りたくなるバナナケーキを
d0175338_20465784.jpg

無塩バターを使うのが勿体なくてサラダ油で作ってみたのです。 

by petitmugi | 2012-05-17 23:17
人参 ありがとうございます
地元産の美味しい野菜に少し手間暇かけるゆとりがあれば
スーパーの野菜が高いことを嘆かなくても
充分楽しい食卓になるものです。

だから先日Tさんからお福分け頂いた大量の人参が嬉しくて。 
d0175338_17564054.jpg

すり下ろした人参やサラダ油で作った人参ケーキ。
出荷できない規格外品だという人参山盛りは
どんどん使ってもなかなか減らない量。
d0175338_17574481.jpg

シナモンや生姜パウダーの香りに
甘味は蜂蜜 きびザラメ等で
d0175338_17565251.jpg

お砂糖を抑えてレモン風味のアイシングを施しました。

それから レーズンとサワーポメロの甘味を加えて和えたサラダ。
自分の思う味になるまでお酢やオリーブ油 蜂蜜 塩等を足してみるのです。
d0175338_17575290.jpg

人参2本に玉ねぎ1個でスープを作りましたけど もっと人参を入れてもよさそう。
玉ねぎの味が勝ってしまいました。
d0175338_1758379.jpg

ドライカレーにも人参のみじん切りをたくさんたくさん。
産直コーナーで見つけたズッキーニやスウィーピーも添えてみたり。
d0175338_17583856.jpg


そして 今日Tさんと一緒に作ったお菓子は人参ケーキ。
混ぜるだけで作れる焼き菓子ですけどしっかり膨らんでもらいます。
d0175338_182141.jpg

このケーキはお持ち帰りにして
食後に頂いたケーキは彼女が作って持参してくれたバターケーキでした。
「いい匂いがするでしょ?」
焼きたてのバターとお砂糖の甘い香りを抱えながら玄関に入ってきた彼女が
先日買ったばかりのホームベーカリーで今焼いてきたのだとおっしゃる。
d0175338_17592760.jpg

サブレのようなさくっとした軽さとバターの豊かな風味は新鮮な味わいでした。

ふんわりしたお人柄に加えて好奇心旺盛なところは
10数年の年月を経てもちっとも変わっておらずに
その変わらないものに安堵して
私は開放感で満ちていきます。

by petitmugi | 2012-05-08 21:21
マイペースの連休
ゴールデンウィーク後半 皆様 楽しい休暇をお迎えでしょうか。
連休といってもいつもの時間に目が覚めて
夫と 迷路のような住宅周辺をぐるぐると歩く時が
得をした気分のひとときでもあります。
d0175338_21183227.jpg

そして 摘んできた野の花を窓辺に置いて楽しんでいます。
草やぶに手を伸ばす時は 猛毒のハブに出くわさないかと少しためらうのですが
かわいい草花を飾りたいという気持ちに勝てずに。
六花窯さんのカフェオレボウルに生けられた花が 
とても幸せそうで私も嬉しい。

こちらに来てから これまでのように仕事のイラスト依頼もお受けできるのか
不安もありました。
d0175338_2123495.jpg

ゆっくりのペースを承知で依頼下さるS-pax(株)さんに感謝しつつ 
私も良い仕事ができたら。

内容はお任せします という依頼に気を良くして
ちょうどM子さんから頼まれて作り始めていた『アスパラだより』を意識して
北海道の初夏をアクリル絵の具で描いておりました。
蝶や蜂も足してみるつもりですけど。

梅雨も中休みのこの休暇
徳之島も帰省客や観光客でにぎわっております。
d0175338_21282593.jpg

ビーチの海開きイベントに出かけたり闘牛場へ出かけてみたりと
ここならではの観光を体感中です。
d0175338_143295.jpg

出逢うごとにその背景にある物語に興味を抱きつつ
独特な歴史や文化の奥深さに魅了されていきます。

そして
d0175338_21194435.jpg

手軽さから メールでのやりとりに走りがちなのに
美しいお便りを いつもイギリスから届けて下さる方。
今回 大変恐縮したのは 
彼女のセレクトしてくださったいろいろな雑貨まで一緒に届いたこと。
古い鍵やハサミ 蜜蝋ワックス レースモチーフ等々
雰囲気のあるお品ばかりです。
d0175338_21195874.jpg

リバティの端切れセットは また続きのカーテン作りに使ってみたい。
d0175338_2133477.jpg

キャスの布バッグまで・・・
B4サイズが入るいくつあっても嬉しい便利な大きさ。
d0175338_21202872.jpg

厚手の丈夫なクロスはいろいろな場面で使わせていただきますね。
旅が好きなご夫婦
いつかこの島を訪れて下さる日もあればと 楽しみでもあるのです。  

by petitmugi | 2012-05-04 23:27