イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

天高く馬肥ゆる秋
台風の影響でしょうか 変わりやすい空模様にも秋の気配を感じておりました。

d0175338_10111484.jpg


過ごしやすい夜長に星空を愛でたり
読書や手仕事にといそしみたくなる頃がとても良い季節です。

d0175338_10113834.jpg


夫と眺めた十五夜お月さま。

夜空を見上げると 『あまちゃん』の挿入曲で流れてきた宮沢賢治のうたが
頭の中をぐるぐると駆けめぐります。
『星めぐりの歌』

あまちゃんロス症候群がこわい私もその一人。

そして 
深かった数日間に解放されて私はお気に入りの時代小説に没頭しておりました。
なんでもない日がとても贅沢なひとときに思えて。

d0175338_1055483.jpg



1個ずつ試食用に残してあったチョコレートケーキとプリンが
嬉しいおやつです。


d0175338_10105252.jpg


先日 地域の学校で行われた秋の大運動会は
地域の方々と一緒に愉しませて頂きました。 
子ども達のはつらつとした姿や いつも支えていらしたご家族や先生方
それを優しいまなざしで見守っておられた年輩の方々の元気なお姿に
今年も1年分の感動とパワーを頂戴しました。

思いがけず 半周走らされたのは何十年ぶりだったでしょうか。
あれでも全力疾走。  

d0175338_1064089.jpg


2人分より少し多めに作ったお弁当は 皆さんを囲んで頂きました。
一番に気遣うのは 残暑の厳しさに耐える傷まないメニューを考えること。 

台風の影響からでしょうか 品薄で高値になった野菜をあきらめた分
母が送ってくれた卵や庭先の葉物が有り難かった。

d0175338_1065158.jpg


先人の知恵に習って 殺菌 除菌効果があるというナンテンの葉やクマザサは
お総菜の仕切や飾りに重宝しました。

d0175338_1065979.jpg


海苔のおにぎり2個に具を乗せるのを忘れていてびっくり。
いつもワンパターンになりがちなお総菜に気をとられつつ
迫る入場行進に参加しなくちゃと必死でしたから。


d0175338_1071224.jpg


一重で持参した焼き菓子は 常温でも大丈夫なものを数種類。
マドレーヌ ダコワーズ 黒糖のクッキー。

d0175338_1081230.jpg


マドレーヌはキャラメルクリームと抹茶を入れて2種類。


反省会でのもてなし用に作った甘味は
冷蔵庫からさっとお出しできる仕様に 質より量の味気ないものですけど。
ダコワーズ作りで余った卵黄は今回もプリンになりました。
卵黄10個に卵白1個 とても濃厚なカスタードプリンに仕上がっており
もう少し牛乳の分量を増やして延ばしても良かったかなと反省しています。

d0175338_1073380.jpg


オレンジで作ったゼリー
前々日に作って冷凍庫保存していたチョコレートケーキとチーズケーキ。

それから 差し入れて頂いたサツマイモのケーキや
おつまみにもなるからと揚げて届けて下ったカラフルなひなあられ。

d0175338_107596.jpg


チーズケーキは油断していたら2層に分かれるという大失敗。
チーズとバター 卵黄が分離してしまった。
それでも焼き上げて召し上がって頂きました。


運動会終了後 お見えになったお客様にお出ししたお料理も
多めに作ったお弁当のお総菜を盛りつけたものです。

d0175338_1083423.jpg


今年は 数皿の画像の覚え書きを残せました。

d0175338_1084820.jpg


実家の卵で作ったこが焼き 伊達巻き
田植えや稲刈り体験をさせて頂いた田で収穫した新餅米で作ったシューマイ。
エビのマヨネーズソース焼き。

d0175338_1085654.jpg


盛りつけるのが簡単という理由で 作ってしまう筑前煮。

d0175338_109471.jpg


バタバタと動いてみたけれど準備が間に合わなくて
お客様で見えた方にもお手伝い頂きながら並べた巻きそば
生地だけは早々に出来上がっていたのに
ゆっくりと焼けてきたパンピザが 熱いうちに実は一番喜んで頂けるみたい。

最後のお片付けまでお疲れのところを多くの方々の手をお借りして
苦労をねぎらう反省会も出来ました。
もっとゆったりした心構えで もっと喜んで頂けるもてなしをと
毎回 私の反省はつきないのですけど 
もてなし上手になりたいという欲だけは いつもピカピカに磨いておきたいのです。    



本当は お弁当に持参したくて焼いた小さなサイズのピタパン。

d0175338_10125527.jpg


サンドウィッチより手間いらずかなと思ったのですけどあまかった。
生地は焼けていても 具を用意して詰め込む時間が足りず 
かわいそうに今回出番がありませんでした。

d0175338_10132053.jpg


総菜の残り物を詰め込んで 毎日のご飯になっています。

by petitmugi | 2013-09-24 15:17
お祝いの宴と一重
庭の草取りから始めた連休明け。
行事イベント等で足早に駆け抜けた3日間でした。
  

先週半ばでしたか 依頼頂いていた表紙イラストも
早々に仕上げて身軽になれました。 
いつもの季節の花で囲んでしまう景色。
リンゴにした分だけ 簡単に秋を思い浮かべて頂けるでしょうか。

d0175338_12591266.jpg


野原で戯れる子どもや生き物を描き足そうかと最後まで悩みながら
そこをあきらめました。
リンゴのケーキをたくさん焼きたいなぁ という願望がいっぱい。 


さて 先日のエプロン縫いのお手伝いを最後に 今日はミシンを片づけました。
狭い我が家 ミシンがそこに置いてあるせいか何か縫いたくなっていけません。

d0175338_1321667.jpg


紫色が綺麗。

手作りのエプロンと言っても 
4カ所をひたすら真っ直ぐ縫うだけという簡単なものですが
コットンダブルガーゼの柔らかい風合いとスカラップレース入りという特別感が
たいそうな仕事をやり遂げた気分にさせてくれます。

縫い上がると早々にお帰りになろうとされたNさんに
試着画像を撮らせて頂いて
朝ご飯みたいなランチをお出ししました。
甘い甘いとうもろこしのスープを召し上がっていただき 私は満足。

d0175338_1323061.jpg


今朝 久しぶりに涼しさを味わっていました。
もうすぐ彼岸の入り 厳しかった残暑にも そろそろ限界があると良いのですけど。 

季節感のあるお弁当を作るにも材料が見あたらず 作った一重。

d0175338_12594227.jpg


敬老のお祝い行事も終わりました。
決して華やかではないけれど
高齢化のすすむ地域で 先輩方への感謝に満ちたお祝いの席に
すべての住民が出席できるという体験は 本当に幸せなことかもしれません。

d0175338_12595048.jpg


地域のお姉様方と早朝から炊いた4升の新餅米は 
赤米入りの100個のおにぎりになりました。

具だくさんのいなり寿司に
おいなりの中に入った油そうめん
新米で作った山菜おこわ。
徳之島近海で採れた小魚の南蛮漬けや上品な味付けの煮物。
湯がいた新落花生に きんぴらゴボウ。
流れるように回ってくるお重には
それぞれのご家庭で用意されたお総菜が入っていて
自分のお皿に1個ずつ頂戴する愉しみ。

お祝いの席では とてもとても食べきれる量ではなく

d0175338_1315376.jpg


自分のお重をまたまた一杯にして持ち帰りました。

Mさんの粒あんのおはぎ
Hさんのこしあんのおはぎ
KさんとNさんの焼きドーナツ
MさんとHさんのサーターアンダギー
Hさんの膨れ菓子 
Rさんのご自宅庭のバナナの皮が添えられたとらやの羊羹。
などなど・・・。

私の一重には

d0175338_1301356.jpg


いつものダコワーズに
残った卵黄で作ったカボチャたっぷりのプリン。

d0175338_131220.jpg


明後日の十五夜を意識して作ったお饅頭は
不格好ですけど うさぎの薯蕷(じょうよ)饅頭。

d0175338_1312932.jpg


中秋の名月に彼岸の入り
日本人に生まれて良かった と思える季節
さつまいもや里芋 山芋 栗や柿 故郷を想う里の山
お団子の似合う秋が嬉しい。

by petitmugi | 2013-09-17 15:01
手作りのポーチ

先週せっせと焼いたお菓子は
ご苦労様やありがとうの気持ちと一緒に 差し入れ用に ささやかなお礼にと
小さな役割を担ってくれました。

d0175338_16442100.jpg


小さな袋に5種類詰めてみたけれど 物足りなくて
やっぱりダコワーズも足しました。

d0175338_164613100.jpg


焼けてきたお菓子の力を借りたら 自信なさげな手作りバネポーチも
おまけのように添えて差し上げる勇気が加わります。

d0175338_16464948.jpg


好きなものを傍らに置いて過ごしたい
そんな心持ちでいると カタチに残るものを誰かに贈るのは苦手になるものです。

d0175338_16472126.jpg


お気に入りのフィードサックを私の今が旬の布あわせで縫ってみたのです。
どうかお気に召していただけますように。

d0175338_16475035.jpg


久しぶりに作ったバネポーチ作りが刺激になって
今日は 裁縫箱に入っていたがま口金具でポーチを作っていました。

d0175338_1649561.jpg


小さくなった端切れのストライプ布に 
このフィードサックを合わせて表舞台に出してあげました。

苦手ながま口金具付けは 回を重ねても上手くいきません。


d0175338_16493992.jpg


裏布は リバティのカペル。

d0175338_16513728.jpg


台所では 最後の3本のとうもろこしを料理して
名残惜しい一皿を飾りました。

d0175338_16551484.jpg


とうもろこしと枝豆のピラフ

d0175338_16552745.jpg


徳之島の青のりととうもろこしのかき揚げ。

d0175338_16554051.jpg


カットした夏野菜とひよこ豆のマリネにとうもろこしも足して。

d0175338_16561297.jpg


鶏胸肉で作った鶏ハムを薄切りにして一緒に添えました。

そろそろ栗や柿もスーパーに並ぶ頃でしょうか。
十五夜や敬老会 地域の運動会と 台所仕事のことが一番の関心事
調子にのってきた縫い物ですけど しばらく遠ざけた方が良いかな。

by petitmugi | 2013-09-09 22:26
青い花とお菓子と針仕事
『ブルースター』
花屋さんで見かけると 幸運をみつけたような気分で
連れて帰りたくなるのですけど
開花の旬はいつなのかを知りませんでした。

d0175338_10583225.jpg


夏から霜が降りるくらいまでの秋 花をつけるそうですね。
Tさんから頂いた寄せ植えの可憐な花は
途切れる間もなく愉しませてくれています。

d0175338_10585619.jpg


本当は 切り花にするのも勿体ないのですけど
薄水色から柔らな青へ 薄赤紫から桃色へと
朽ちるまで色を変えるブルースターに魅せられています。


d0175338_1059719.jpg


さて 先の台風が通り過ぎて 猛暑が遠のいた気がします。
いくらか過ごしやすくなった台所で 今日は数種類のお菓子を焼きました。

d0175338_10592527.jpg


朝のジュース用に買っていた熟したバナナに
クルミとヨーグルトを足して作るバナナケーキ

d0175338_10593489.jpg


クルミと黒糖のクッキー。

マドレーヌには蜂蜜の変わりに苦めに作ったキャラメルクリームを混ぜ込んで

d0175338_10595196.jpg


しっとりと焼けました。

d0175338_1101046.jpg


それから 冷凍保存にしていたブルーベリーを マフィンに混ぜ込んで焼きました。

ブルーベリーでお菓子を焼くと 卵やベーキングパウダーに反応して
食欲減退してしまう灰色や青銅のような青緑に変色することがあります。
それをなるべく押さえたくて ヨーグルトやレモン汁の酸味で中和させたり
最後にブルーベリーを潰さないようにさっと加えることや
時間を置かずにオーブンに入れることなど 少々気遣います。


d0175338_11144065.jpg


それでも もっと美味しそうなビジュアルにならないものだろうかと
見た目に反した優しいブルーベリーの味を噛みしめながら
毎回考え込んでしまいます。

しっとりした頃を見計らって食べて頂きたいお菓子を焼きました。
焼き菓子に紅茶や珈琲の香りの似合う季節が嬉しいのです。

それから愉しい縫いもの。

d0175338_1111612.jpg


先日縫ったワンピースに ボタン屋さんから届いた貝ボタンが並びました。

d0175338_1113061.jpg


アコヤ貝の控えめな白が 17個並んだ前立てに陽差しが反射して時折光ります。
娘に似合いそうなワンピースも
これだけ丈が長ければ 50歳が近い私にも気軽に着られるでしょうか。

d0175338_1115263.jpg


合わせて履いてみたシューズは 先日 長女から送られてきたものです。
CROWN (クラウン) JAZZはイギリス製のレザーシューズ。

d0175338_112263.jpg


ラッピングに添えられたカードの裏には 

美味しいご飯をたくさんありがとう
毎日大事に食べています 

の文字。


そして ミシンに紺色の糸をかけたついでに もう一枚縫いました。
直裁ち直線縫いの簡単なエプロン。

d0175338_1122490.jpg


紐通し穴に 長い紐を通しただけですけど
体型に合わせてギャザーを寄せることができるとても合理的なデザインです。
120㎝幅ありますからそれくらいウエストが大きくなっても大丈夫。
natyuさんが作られていたエプロンを参考に縫いました。

d0175338_1123721.jpg


このスカラップレース入りのダブルガーゼは
検索でなんとなくたどり着いた通販サイトで購入したものです。
今更ながら natyuさんのお店に伺うと
必ず縫いたい布があったことを 今は寂しく思い出しています。


それから 北海道のM子さんご夫婦の畑のとうもろこしで

d0175338_10573858.jpg


コーンポタージュスープを作っていました。
新鮮な生とうもろこしで作ったポタージュの美味しさ びっくりの甘さ。
濃厚なままに頂きました。

d0175338_1057586.jpg


徳之島にも美味しいものはたくさんあるのですけど
北海道の大地の恵みには 参ってしまいます。
メロンもようやく食べ終わったばかり いつもいつも恐縮です。

by petitmugi | 2013-09-05 21:22
夏を惜しみつつ
空は明るいのに覆い被さるような雲からたたきつけるような雨粒が落ちてきます。
慌てて洗濯物を縁側に投げ込んだのですけど 通り雨だったみたい。
8月も行ってしまって 
今日は今夏も出番のなかった衣装ケースの整理をしていました。

大げさなレースのついたワンピースやブラウスは
学生の頃 個性的な服を着たがった次女の置きみやげでした。

d0175338_1414046.jpg


どうしても捨てられなかったビンテージ古着は
いつかリメイクするときもあろうかと タンスの肥やしに眠らせてきたものです。
今日は 黄ばみが目立っていた部分の染み抜きをして洗い
レース編みのほつれを直したところ。
すべてを解いて 平面のカーテンやエプロンの一部に再利用するのは簡単ですけど
できるだけ服の一部に活用できないのものかと思案中でした。
名残惜しい夏を感じながら 布を触っていたい病がいまさらながら到来中です。

さて 週末明けの今日 久しぶりに粉ものを頂きました。

d0175338_13575688.jpg


毎日 酵母のパン焼き修行に勤しむほどの食欲も意欲もないので
思いつきで焼いたドライイーストのゴマベーグル。

d0175338_1358674.jpg


ベーグルには 作り置きのゴボウサラダを挟んで頂きました。
島カボチャやミニトマト ゴボウ等の残り野菜を炊いて 牛乳でのばしたスープに

d0175338_13581453.jpg


ドラゴンフルーツを混ぜ込んだマリネ
朝ご飯のようなランチを一人頂きました。


ブログの更新も滞りつつも
去る夏を惜しむように ブルーベリーを愉しめました。
最後の500gは保存用のジャムに。

d0175338_1358427.jpg


焼き菓子のレパートリーに困ったときには
ブルーベリーのお菓子が焼けそうです。

d0175338_17154622.jpg


フレッシュなままに頂いたブルーベリーミニタルト。

d0175338_1359563.jpg


カスタードクリームとフルーツの相性は抜群です。

d0175338_140431.jpg


メロンとブルーベリー。

d0175338_1402317.jpg


フルーツいろいろ。

d0175338_1403624.jpg


1個辺り15粒ほど埋め込んで焼いたブルーベリータルト。

d0175338_1404966.jpg


メロン ブルーベリー 葡萄 フルーツのゼリー寄せ。

d0175338_1411061.jpg


愉しませて頂いた夏の味覚に感謝しつつ 捨てられなかった画像を並べました。

敬老会の踊り練習も始まりました。
秋の気配に喜びを見出しつつ
カラカラと回り始めた9月を愉しみたいところ。

by petitmugi | 2013-09-02 15:44