イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

酵母のパンと苺のお菓子
穏やかで静かな緑の季節を迎えております。
4月も早いものでもう終盤 やらなければいけないこともたくさん溜まっていくのに
お菓子やパンを焼くことだけは時間をとられても飽きがきません。
現実逃避の粉モノを焼きながら
夫留守の休日にできることを一つずつこなしている途中。

d0175338_1232104.jpg


ホシノの丹沢酵母で焼いた食パンとカンパーニュ。
思うような焼き上がりにはほど遠いのですけど
添えるスープやジャム サラダで愉しめています。

d0175338_1314972.jpg


サーモンマリネとカレー味でソテーした白身魚やズッキーニ。

d0175338_1232271.jpg


頂き物の完熟トマトで作ったトマトジャムは
バニラビーンズとレモン入りのフルーティーな香りで癒してくれます。

d0175338_12325642.jpg


ブラックペッパーチーズパン お食事パン クリームパン
ご近所の方に差し上げるには 総菜パンの方が喜ばれる気がして。

d0175338_1233950.jpg


地元野菜の販売所で買った旬野菜に焼いたパンを添えてせっせと消費中です。
パン作りから遠のいていた昨秋から5㎏落ちてしまった体重も簡単に1㎏戻りました。

d0175338_12332230.jpg


薄くスライスしたカンパーニュにチーズをのせて焼いてアボカドをのせて
美味しい。

d0175338_1234421.jpg


新しくお見えになった友人も交えてランチ会を兼ねたお料理勉強会に焼いたパンは
ジャガ芋を茹でて潰して混ぜ込んだ丹沢酵母のジャガ芋ちぎりパン。


徳之島産の瑞々しい野菜を

d0175338_1234294.jpg


日常やおもてなしのご馳走作りに役立つようにと
口も手も動かして2時間の予定が3時間かかってしまったけど
結構なお料理が並びました。

中華おこわ 巻き蕎麦

d0175338_1235095.jpg


セロリの和え物 赤キャベツのサワー漬け 島産ジャガ芋のグラタン
ミニトマトのレモン蜂蜜漬け ヤングコーンとタコの野菜サラダ

d0175338_12352853.jpg


用意したスイーツはチョコレートケーキとレモンの酸味の効いたレアチーズケーキ。
スイーツまで一緒に作れたら良かったのですけど時間がまだまだ足りませんでした。

d0175338_12413137.jpg


じゃがいものちぎりパンにはジャガ芋2割 水の分量を減らして加えました。


d0175338_12381422.jpg


ふわふわ柔らかいパンが焼けたのですけど
じゃがいもの風味を感じないくらいの仕上がり。
今度は もう1割増やして混ぜ込んでみようかな。

頂き物の手作り生姜ジャムと自家製のトマトジャムで
贅沢な気分が過ごせます。

d0175338_12383351.jpg


お料理勉強会翌日の朝ご飯でしたか 常備菜の余り物を5分で並べました。

d0175338_12385463.jpg



お土産に1個ずつ差し上げたレモンケーキは
ホワイトチョコでコーティングしてあります。
いつものレモン果汁で延ばしたアイシングは
この陽気だと常温でも溶け出してしまいます。

d0175338_12395498.jpg


コーティング用のチョコレートなら
短時間での常温や冷凍保存の移動でも大丈夫でしたので
これから作り置きのお菓子でも使えそうです。
美味しいレモンチョコに出逢えたらもっと嬉しいのですけど。

d0175338_12401892.jpg


船に揺られてやってくる苺がストアーに並ぶのもそろそろおしまいでしょうか。
苺のジャムが作れるほどの安価な苺には出逢えませんでしたけど

d0175338_12404493.jpg


充分愉しませて貰えました。
パンナコッタに苺。

d0175338_12405689.jpg


裏ごししたさつまいもで何度もプリンを蒸しました。

d0175338_1242235.jpg


チョコレートタルトの上にカスタードクリームとホワイトチョコ入りの生クリーム
その上に飾った苺のタルト

d0175338_12422850.jpg


昨年のゴールデンウィークには もう苺が消えていたことを思い出しています。

d0175338_12425369.jpg


みどりの日の今日もなんでもない柔らかな一日でした。
瑞々しい空気に鳥の鳴き声も響き渡り早くも初夏の訪れを思わせる徳之島です。
この連休も静かな徳之島時間を過ごしております。
皆さま どうぞ愉しいゴールデンウィークのひとときをお過ごしくださいね。


           

by petitmugi | 2014-04-29 16:23
出逢いの季節です
年度変わり特有の慌ただしさもようやく落ち着き
いつものなんでもない日が戻ってきました。
友人達とお菓子を作る時間も愉しみながら

d0175338_2183257.jpg


お二人一台ずつ焼いたタルト。
ストアーで購入したこちらでは高価なフルーツを持参くださって
思いの外 美しいフルーツタルトになったと思うのです。


d0175338_2184853.jpg


さっくり焼いたタルト生地にアーモンドクリームを流し込み焼いて
カスタードクリームの回りには ホワイトチョコ入りの生クリームを絞ってあります。
タルト作りの合間に召し上がって頂けるよう用意したランチは
タケノコが主役のちらし寿司や常備菜の煮物

d0175338_2192826.jpg


冷凍庫から取り出したナンや牛スジカレーを
蒸し器やお鍋でもう一度温め直してお出ししました。


d0175338_2194743.jpg


フルーツタルトのかわいらしさに癒されて
先日のはじめましてのお客様に用意したお菓子もタルトレット。

d0175338_21101761.jpg


地元の方から頂戴したタンカンは水分が多いのですが
ナバージュでコーティングして気持ちだけ飾りました。

d0175338_21104243.jpg


地元産のサツマイモを裏ごしして作ったプリンも前日に蒸しておきました。

d0175338_21432434.jpg


作り置きのお総菜を春らしいプレートにのせて
庭から調達してきたお花を飾り 軽く温めたポトフを添えて

d0175338_21115031.jpg


ようこそいらっしゃいました の食卓も出来上がりました。
白いリネンクロスの皺がかなり気になりますけどお許しくださいね。
d0175338_21131882.jpg




煮物ばかりに明け暮れたタケノコも
ちょっと目先を変えて地元産のジャガ芋や新タマネギと一緒にポトフになって
焼いたパンと一緒に愉しんで頂きました。

d0175338_21134471.jpg



ポトフの脇に添えたパンは
喜界島産のゴマを混ぜ込んで焼いたセサミブレッド。

d0175338_2112525.jpg


黒すりごまに白いりごまのダブル使いで 風味も良いゴマのパンが焼けました。
ゴマの油成分のおかげでしょうか しっとり焼けたような気がします。


それから ライ麦粉を混ぜたイチジクとくるみのパン。

d0175338_21121789.jpg



焼きたてのパンを一人試食したお昼ご飯。
室温も発酵しやすい季節になって
起こしたホシノの丹沢酵母でいろいろなパンも焼きはじめました。

d0175338_21141112.jpg


友人宅にお誘い頂いた折のお土産に作ったティラミスのシャルロット仕立て。
お誘いすることは多くてもご馳走になるのは久しぶりのことで
とても新鮮な時間を過ごさせて頂きました。

d0175338_21184381.jpg


旬の野菜を使った煮物や珍しい天ぷら
具だくさんの鶏飯を準備くださっていて美味しく頂きました。

余った材料でカップに作ったティラミス。

d0175338_21191197.jpg


その時に余った材料で作ったタンカンのレアチーズケーキ。

d0175338_2120519.jpg


タンカンを乗せすぎて 今にも倒れそうですけど美味しくいただけました。

d0175338_21201839.jpg


1週間分の ここまででもずいぶんたくさんの画像を貼り付けましたけど
朝ご飯の食卓画像も数枚残っていました。
庭の手入れ前にしっかり頂きたくて用意した二人分のお魚定食。

d0175338_21205028.jpg


歓迎会シーズンの飲み会明け
胃腸の弱った夫に柔らかく炊いたご飯の定食
どれも筍三昧です。

d0175338_2121246.jpg


お客様から頂戴したフルーツと黒糖イチジクを添えたヨーグルトが美味しくて

d0175338_21583824.jpg


最近はスムージー作りをお休みしています。

by petitmugi | 2014-04-20 16:01
旬をいただいています
今朝 先日蒔いた花の種から芽が出ていて心躍りました。
庭の草は後から後から芽吹いて来て 草取りから始まる一日に終わりがありません。

実家からは春の新タケノコも届きました。

d0175338_1272610.jpg




タケノコ尽くしの晩ご飯に
タンカンのお礼にとT様より届いたのは霧島産の甘い甘いトマトたくさん。


d0175338_1281314.jpg




タケノコが主役の中華おこわを蒸して
母がタケノコと一緒に送ってくれた山椒の葉をすり鉢ですりつぶし


d0175338_1285971.jpg



酢味噌と和えた木の芽和えや


d0175338_1292999.jpg



ツワも一緒に炊いたタケノコの土佐煮


d0175338_1210136.jpg



グリルしたタケノコを足した野菜サラダやタケノコの味噌汁で
旬の食卓を飾りました。
そして



d0175338_12104291.jpg


作りすぎた中華おこわは 竹の皮で包んで中華ちまきになって
急なお客様のおもてなしやお土産に変わりました。


d0175338_12111431.jpg



干し椎茸に干しエビ 豚肉 主役の新タケノコ。

d0175338_12115345.jpg




新鮮さが命のタケノコ
お総菜作りとお裾分けにタケノコが減ったなぁと思っていたら
昨夜 湯がいたタケノコを頂戴しました。
徳之島には 孟宗竹のタケノコに地元産のものはありません。
それだけにとても貴重です。

d0175338_12124666.jpg


しばらくの間 タケノコを使った常備菜で食卓が埋まりそうなのは幸せなことです。
春巻きや中華まん ちらし寿司やタケノコご飯・・・
いろいろと愉しませて頂こうと思います。

d0175338_12135512.jpg


なかなか更新も滞りがちですが
日々の食卓画像を収納する作業だけは忘れずにいました。
娘達の住まいに送りたいお総菜作りも 忘れた頃にがんばりました。
実家の新堀りタケノコを待ちきらずに

d0175338_12141341.jpg


次女の大好きな炊き込みご飯はタケノコ抜きでしたけど

d0175338_12144527.jpg


昨夜 届いたコールをくれた娘からは
お出汁も味付けも良くて美味しいというお褒めの言葉を頂きました。

d0175338_12151041.jpg


最近 はまっているフルーツにヨーグルト。
奄美大島のお土産に頂戴した黒糖イチジクを刻んで一緒に頂きます。
ドライイチジクをじゃが豆風に仕上げてあり 
いつかシンプルなパンにも混ぜ込んで焼いてみようかと思っているところです。

ドライイーストでパンも久しぶりに焼きました。

d0175338_1216833.jpg


ピザパンは小さな食べきりサイズで。

d0175338_12162787.jpg


苺で煮たリンゴで作ったアップルロールやシナモンロール
甘いおやつを喜ばなくなった娘達に お土産にするのも良いからと
ダコワーズ等の焼き菓子も送りつけました。


d0175338_12165371.jpg


カレーは自分で作るからと言った娘の言葉を遮りながらも
煮込んだ牛スジで作ったカレーもナンと一緒に送りました。

d0175338_12174057.jpg


ちゃんとご飯食べてるかな・・・遠くに離れて暮らしていると
いつもいつも食卓に付いたときに思うものです。 

d0175338_1218833.jpg


都会の暮らしの中で日々緊張感と早朝出勤の次女に残業接待続きの長女
追われながら鍛えられながらも最初に手を抜くのは食事ではないかと案じてしまう
親ばかのお手本みたいなものですけど。


d0175338_12183532.jpg


桜のない春に 娘達から送られてくる桜並木に

d0175338_12184914.jpg


徳之島にいながら 桜の季節も味わえました。

d0175338_1219742.jpg


徳之島のタンカンケーキを
この春 こちらにお見えになったお客様にも召し上がって頂きました。

d0175338_12193319.jpg


今朝は アカショウビンの鳴く声も聞こえたような気がします。
私がこちらを放置している間に もう初夏を迎えようとしている徳之島です。

by petitmugi | 2014-04-12 13:21
新しい4月
新しい春を迎えています。
名残惜しい気持ちで見送った方々を後に
寂しさを実感する間もなく一家族 また一家族と新しい顔ぶれが増えて
新しい出逢いも喜びの春を導いてくれているような気がしています。
ブログの更新もしないままに10日程過ぎたでしょうか・・・
皆様お障りなくお過ごしですか。

お別れのご挨拶に頂戴した春のお紅茶を入れて

d0175338_12552319.jpg


お茶を頂きました。
いろんなことに気をとられているうちに庭の草は勢いを増して見苦しくて
朝の草取りから始まる一日も大事。

丸く型抜きし薄スポンジ4枚を生クリームを挟みながら重ね
側面にはほろほろに崩したスポンジを貼り付けました。

d0175338_12554216.jpg


タンカンゼリーも一緒に。

所用で立ち寄ってくれた友人に どうぞお茶でもと勧めながら
ようやくなんでもない日常が戻ってきた感覚を覚えていました。

頂いていたリンゴは 残っていた苺とレモン汁と一緒に煮て
それを混ぜ込んで焼いたタルト。

d0175338_16111956.jpg


桜と苺の香りのする紅茶と一緒に添えられていたドライストロベリーも
小さくカットして散らし甘酸っぱい香り際立つタルトが焼けました。


d0175338_16134670.jpg


実家の母より送って貰った自家製卵はキッシュになって

d0175338_16143767.jpg


私のひとりご飯で消えていきます。

久しぶりに覗いた地元産の野菜コーナーには
ズッキーニも安価で買える季節を迎えていて
ソラ豆 エンドウ豆等々で賑わっていました。

d0175338_16145754.jpg


新タマネギやベーコンと炒めたズッキーニに
スライスした小ぶりなトマトを並べて焼いたキッシュです。

d0175338_16151713.jpg


徳之島を離れてしまった友人と一緒に食べた最後のキッシュも
カメラの中に残っていました。

d0175338_16161281.jpg


このキッシュは タマネギ ほうれん草 キノコ類とベーコンのキッシュだったかな。

d0175338_16163398.jpg


前菜みたいな簡単なお総菜と一緒に召し上がって頂きました。

d0175338_16164850.jpg


たくさんの日持ちするお菓子も焼いてお茶菓子で届けました。

d0175338_16173739.jpg


生菓子の桜餅も添えて箱にも詰めました。

d0175338_16185261.jpg


暇さえあれば お菓子を焼いていた気がします。
何か動いていないと落ち着かない頃でもありました。

母が送ってくれていた甑島産のキビナゴも
たくさんの南蛮漬けになったり
オリーブオイルで静かに煮られ

d0175338_16202125.jpg


オイルサーディン風キビナゴも味わって頂きました。


d0175338_16204873.jpg


毎日のひとりご飯も

d0175338_16215271.jpg


どうでもよくなる気分でしたけど 美味しい時間を演出しながら愉しんでいました。

d0175338_16221721.jpg


蒸籠で蒸したパンが美味しいと知って
冷凍保存していたパンを試してみたり・・・。

d0175338_16223147.jpg


これは本当に美味しい。
私の焼いたもっさりとしたカンパーニュが
しっとりもちもちなお味に変わったからビックリ!

d0175338_16224441.jpg


タンカンジャムのケーキも 形を変えてたくさんたくさん焼いています。
徳之島の自慢のタンカン 贅沢にたくさん焼けるのもここならではです。

記憶を捨てるようで勿体ないから たくさんの画像を一度に並べました。
ご覧くださってありがとうございます。

by petitmugi | 2014-04-03 14:21