イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
梅雨空の東京
降り続いた雨がようやくおとなしくなりました。
この梅雨空 明日も続くのでしょうか。

ブログの更新も滞ったまま
自宅を留守にして娘達の暮らす東京へ出かけていました。

d0175338_20522782.jpg


一週間ぶりに夫と頂く身体に優しいご飯で ようやく静かな日常が戻ったという実感
棚からお気に入りの器を並べるひとときは 愛おしく感じられるものです。

d0175338_20511439.jpg


雨に濡れない日が貴重だったくらい
梅雨入りしたばかりの東京は毎日雨が降っていました。

娘達の暮らしを訪ねたのは一年ぶり

d0175338_2162361.jpg


故郷を離れて7年目になる長女と 4年目の次女
娘2人 同じ住まいに暮らしながら
それぞれの価値観で それぞれ必要とされる場所で
自己表現のできる自分の居場所を見出していました。

私の上京に合わせて田舎の実家より届いていた野菜や卵たち。
北海道のM子さんのアスパラまで届いていて

d0175338_2131512.jpg


私は 美味しいものを娘達に食べて貰おうと
たくさんのご飯をせっせと作る毎日。

d0175338_2225516.jpg


広尾に美味しいエッグベネディクトの食べられるお店があるから行ってみない?と
誘ってくれたけれど 自宅で作るご飯をなるべく食べて欲しかったから

d0175338_21351023.jpg


次女と一緒に作ったエッグベネディクト。
オランデーズソースは ちょっと緩すぎましたけど・・・。

必要な日は毎日作った長女のお弁当。

d0175338_21361380.jpg


プラスチックのお弁当が竹や木のお弁当箱になったら
どんなに美味しいでしょうかと思いつつも
これで良いのと言い張る娘に その朝作れた精一杯のお弁当。

オーガニックのオートミールで作ったグラノーラは

d0175338_2137932.jpg


忙しい朝にフルーツと一緒に食べて欲しい。
ドライフルーツやナッツ類入りの簡単なものでしたけど
それで充分な美味しさでした。

d0175338_21384076.jpg


白い磁器の洋食器はなんだか味気なくて
Stile-Hug Galleryで開催中だった作家さんの器を購入。

d0175338_21394212.jpg


原宿の賑やかな通りから少し入っところにある静かな佇まいの素敵なお店でした。

d0175338_21434457.jpg


林拓児さんの楕円のお皿は 

d0175338_2231647.jpg


使い込んだマットな雰囲気の美しい器

d0175338_2232879.jpg


どんなお料理も素敵に変身させてくれるような印象深い一枚でした。

d0175338_21454116.jpg


長女のリクエストでキッシュも2度程焼きました。
自分でも作れるようになりたいと言うので
キッシュの焼ける型も用意して置いてきました。

d0175338_21474451.jpg


ブルーベリーと苺が一緒に飾れるのがとても新鮮で
美味しそうに変身したフルーツのタルトレット。

d0175338_21485379.jpg


ハーブの葉 一枚がなかったのが少し残念。

娘達のお気に入りのカフェに出かけることもありました。
店内に流れる音楽やこだわりのインテリア 美味しい珈琲に新鮮なお料理等々・・・
雨の日の一番の癒しになったかもしれません。

d0175338_21284351.jpg
 

そして最後の朝ご飯は次女の好きな炊き込みご飯を
早朝炊いて おにぎりにして置いてきました。

d0175338_2238243.jpg


次に 娘達に会える日はいつになるでしょうか。

d0175338_22412472.jpg


空港まで送るからと羽田まで送ってくれた長女。
習い事や友人達との約束を先延ばしにして
1週間つき合ってくれた二人には感謝しています。

d0175338_230423.jpg


アイフォンで撮った画像とカメラで撮った画像を混ぜながら ここに残しました。

それぞれの場所で 必要としてくださる方々に支えられながら
年々たくましくなっていく娘達に 置いていかれないように
私も一日一日 精一杯の毎日を愉しもうと思えるのでした。

# by petitmugi | 2014-06-16 23:16
やさしい手仕事
今年最後の苺
そう思いつつ もう何度苺のおやつが作れたでしょうか。
昨年5月初旬には消えたストアーの苺が
今年は今でも見られるのは 高温多湿にならないお天気のおかげだと思うのです。

d0175338_925513.jpg


買い出しに出るのは一週間に一度くらい
先日も出逢えた苺で今度こそ最後かもしれないという想いを込めて
可愛いサイズのタルトレットになりました。 

d0175338_9253453.jpg


お客様お一人の時にしか使えない古いカトラリーを添えたら
陽の当たらない梅雨時も心落ち着きます。

d0175338_926035.jpg


そうして苺の終わる季節になると出逢える島産のすもも。

d0175338_9275116.jpg


赤が嬉しいジャムとコンポートにして
そのコンポートとシロップでピンクに染めた白玉粉を作りました。

d0175338_928865.jpg


こうして冷凍しておくと欲しい数だけ取り出しもう一度煮沸し直すだけで
簡単に冷たいおやつが頂けます。

徳之島産野菜に実家から届いた野菜や卵を足して

d0175338_10521291.jpg


おもてなし用のお総菜の作り置きもできていきます。
鶏卵にキジ卵
生のコーンで作ったスープや

d0175338_946059.jpg


簡単に容器に作ったジュレで固めるテリーヌ

d0175338_10122594.jpg


テリーヌ作りで出た残り野菜はドライカレーに

d0175338_10511720.jpg


ビワの実で作った杏仁豆腐にお土産に頂いていたフルーツも加わって

d0175338_9453073.jpg


すもも白玉入りのフルーツ杏仁になりました。
10日分程の画像を捨ててしまうのが惜しくて 今日は淡々と並べていますけど
そのおかげで お客様のと過ごした日の記憶は
お出ししたお料理と一緒に私の中に残ってくれます。

d0175338_1074229.jpg


冷凍庫にタンカンジュースがあったからと持参くださった材料で
タンカンゼリーを作り その後はみんなでお昼ご飯を用意して食卓に並べました。

d0175338_10571942.jpg


食後のスイーツに加えた人参ケーキは
徳之島産の島人参を頂戴すると作る一品。
生姜やシナモンを効かせて人参独特の臭みは和らぎます。

d0175338_1103957.jpg


人参ケーキに人参ポタージュ

d0175338_1111494.jpg


人参サラダ・・・人参のお料理が並んだランチ画像はないけれど
残り物が並んだご飯画像が残っていました。

d0175338_111528.jpg


頂き物のえらぶ蕎麦という桑の葉入りのお蕎麦で冷麺に。
いつもお取り寄せして使っていた丁子屋さんの麺つゆが 
こちらのストアーでも買えたのが嬉しかった。


d0175338_1121755.jpg


煮南瓜 ミニトマトの蜂蜜レモン漬け いなり巻き寿司
キュウリとささみの和え物 切り干し大根の煮物。

d0175338_1123485.jpg


食後のデザートは くず餅に緑豆や小豆あん きな粉
徳之島産の黒蜜を添えました。

d0175338_1125142.jpg


涼しげなお総菜やフルーツが嬉しい季節を迎えています。

コンポートにしたビワも

d0175338_11291724.jpg


ビワタルトになったりビワゼリーになって

d0175338_11293491.jpg


全部使い終わりました。
梅仕事もはじめないといけないのに
なかなか新鮮な青梅や完熟梅に出逢えずにいます。
やってくる暑い夏に嬉しい甘露煮や梅干し 梅酢・・・どうしても作っておきたい。

最近 作り始めたhigucciniさんの野菜だしも
とても重宝していて

d0175338_11332050.jpg


今まで捨てていた野菜クズで 体にも優しいスープも作れています。

d0175338_11342440.jpg


いろんなポタージュや煮物用 お味噌汁のお出汁にもこの野菜だしを加えたいから
野菜くずが両手いっぱい溜まるまでストックしたら
野菜だしに変身させるという台所仕事にも慣れてきました。

d0175338_113512.jpg


コリンキーをスライスして混ぜ込んだ野菜サラダ。

d0175338_1135269.jpg


なかなか縫い物仕事も始まらない日が続きますけど
久しぶりにみんなで作った鍋つかみ。

d0175338_11373944.jpg


以前作ったスタジオクリップさんのパターンを参考に
娘達の赤いルクルーゼに似合う明るい色あわせに。

d0175338_1138121.jpg


台所仕事がもっと楽しくなりますようにの願いを込めました。

# by petitmugi | 2014-06-04 12:37
雨の日も愉しんでいます
昨年 梅雨に入る頃にはすっかり消えていたストアーの苺が
今でも買えるのが嬉しくて

d0175338_21315146.jpg


おもてなしに作ったショートケーキ。
飾った黄色いお花は 庭の花園にいつの間にか自生していたヘビイチゴです。

d0175338_2131264.jpg


野菜をたくさん食べて育つ実家の鶏卵で作るスポンジ。
しっとりスペシャルな卵の香りがするといつも思うのは 私の思い過ごしでしょうか。
苺の季節しか作らないケーキで旬を味わって頂けるかなと
お総菜作りと一緒に平行しながら

d0175338_21321082.jpg


お見えになったお客様で食べきりたい12㎝の小さなケーキです。

一緒に作ってランチを頂くお料理会。
メニュー選びは私に任せてくださるので
その日に我が家の冷蔵庫に入っている食材や徳之島の旬野菜で
デザートまで10品目ほどのお料理が食卓に並ぶように
下ごしらえ 作り置きも前日から愉しんでいます。

d0175338_21323579.jpg


杏仁豆腐作りから始まり 夏野菜のゼリー寄せ 
チキンのテリーヌは作り方の説明のみ。
アスパラに生ハムを巻いて頂き手作りのタマネギドレッシングを添えました。

d0175338_2133550.jpg


生のコーンから作るコーンスープは甘くてとっても美味しいのです。
新タマネギの木の芽みそ添え。

にんじんサラダはサワーポメロ 干しぶどう クルミ入り。
アスパラの豚かつ ニョッキ。

d0175338_21332196.jpg


作り置きしていたラタトゥイユやバジルソースでブルスケッタにと思っていたのに
すっかり忘れていて食卓に並びませんでした・・・ごめんなさい。

d0175338_2134866.jpg


食卓に飾ったお花は 庭から調達してきた草花とハーブ。
たくさんの旬野菜に少しのお肉でしたけど
非日常の食卓を少しでも感じて頂けたでしょうか。

d0175338_21342712.jpg


余ったお総菜は 翌日の朝ご飯に並ぶことになりました。

d0175338_22492679.jpg


じゃがいものニョッキには椎茸入りのホワイトソースを絡めて。
アスパラやオイルで炒めた椎茸やエリンギを挟んだテリーヌ。
鶏胸肉が 生クリームやキノコ類を炒めたあとのオイル入りで
しっとりなめらかに仕上がります。

d0175338_21354798.jpg


島で育った夏野菜が彩り鮮やかです。
具はオクラ スイーピー ヤングコーン 
M子さんの送ってくださったアスパラ 海老など。

きちんとお料理を習った経験は全くない私ですけど
わが家を訪れてくださるお客様へのおもてなしを愉しんでいるうちに
多くのことを学ばせて頂いています。
皆さんそれぞれのご家庭で 愛するご家族友人達のために
美味しいご飯を振る舞う楽しみをよくご存じの方々
このお料理を愉しむみんなでそのことを共有できる喜びを感じています。

昨日作ったレモンケーキは
  
d0175338_2130484.jpg


昨日 今日 お礼や差し入れのおやつになりました。
余ったホワイトチョコレートは ワッフルにも施して 

d0175338_21303369.jpg


出来上がったレモンケーキの味見を兼ねて
朝ご飯のサラダに一個添えました。

d0175338_21301347.jpg


梅雨空にアカショウビンの姿も嬉しい季節。
夜が明けると 美しい鳴き声がこだまのように飛び交っています。

d0175338_21365457.jpg


庭の草取りが終わってから一人頂く朝ご飯は

d0175338_21373446.jpg


半日断食気分で いつもよりもちょっと丁寧な装いです。

雑穀ご飯 根野菜の味噌汁 ほうれん草の木の芽味噌添え 
ラタトゥイユ入りの卵焼き 豆腐サラダ 切り干し大根入りのひじき煮。

# by petitmugi | 2014-05-24 23:14