イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
看病の旅
義母も膝手術から一週間
この7日間は義母のお世話で病院へ通う毎日を想像していたから
間違っても 遠く離れて暮らす次女の元へ飛んでいるとは思っていなくて。

先週明けのこと よりによって明日が義母の手術という日 
次女がウィルス感染が原因の高熱と嘔吐下痢で脱水症状に陥り
点滴を施して頂いているとの連絡がありました。
すぐにでも様子を見に行きたいという気持ちを落ち着かせて
手術翌日 義母の顔を見て安堵したタイミングで航空券を手配し飛びました。
5日ほど滞在し朝昼晩のご飯をこしらえては食べさせ
無事 元気に仕事復帰を見届けた昨日帰宅したところです。
d0175338_7211085.jpg

新しい環境に慣れたかのように見えた本人も
どこか体調がすっきりしないまま5月に突入したのでしょうか。
住まいも職員寮だということで心配もなく見守っておりましたけど 
娘がSOSを出したお陰で彼女の顔を見に出掛けられたのは
とても特別な良い出来事になりました。

娘が鹿児島を発つ前に用意していた天蓋もようやくぶら下がり
チュールレースで覆われたベッド周りが柔らかく変わりました。
d0175338_7214779.jpg

娘の部屋の入り口扉にかけたカーテン。
これで 扉が開いていても廊下を通る他の住人と目が合わない。
寮での暮らしが快適になるよう模様替えするのが楽しくて。

娘の容態も落ち着いていた日曜 
お昼間に私1人電車で出掛けていました。
行き先はどこでも良かったのですけど 
以前足を運んだ折に もう一度ゆっくり訪ねてみたかった鎌倉へ。
病み上がりの娘と歩くのには少々無理があると思った鎌倉駅から長谷寺までの行程。
d0175338_7222492.jpg

鎌倉大仏様はまばゆい初夏の太陽に照らされて座っておいででした。
500年前の大津波により仏殿は流されたそう
その後 元禄地震や関東大震災にも耐え今日ここにある大仏様に感銘し
被災地の一日も早い復興を祈りつつ
どうぞ皆の暮らしを温かくお守り下さいと手を合わせておりました。
d0175338_7225679.jpg

ちょうどバラまつりも開催されていた鎌倉文学館。
旧前田侯爵家別邸だったというその建物は
由比ヶ浜を望む高台のすばらしい場所にありました。
鎌倉ゆかりの文学作家の愛用品や直筆原稿等が展示されており 
実家の本棚に並んでいた日本文学全集を思い出しながら
風格のある建物内を歩きました。
d0175338_723223.jpg

広大な園庭は手入れが行き届いており
芝生の広場には木陰を求めお弁当やお茶を広げ
静かにくつろぐ方々の姿が微笑ましく幸せな休日を見ました。
d0175338_724952.jpg

緑の樹木に響き渡るカエルのような鳴き声は 
鳥だったのかリスのような小動物だったのか定かではありませんが
それと同じくらい気になったかわいい移動カフェ。
すんなり文学館の雰囲気に溶け込んでる。 
d0175338_7262140.jpg

鎌倉駅からこの界隈まで歩いて片道20分くらいの行程でしょうか
混み合う道路を挟んで 通りには個性的なお店が建ち並んでおりました。
寄り道を含めるとたどり着くのにその何倍もの時間がかかるのですけど
老舗店から若き工芸作家の店 
オーナーさんが選び抜いたアンティーク等の古いモノからこだわりの現行品まで
ショップや雑貨が多国籍で並び 何より店構えが素敵なカフェレストランの多さ。
体に優しいパンのお店もあちらこちらに。
d0175338_72775.jpg

時間が許す限り 面白い筋をみつけては好奇心旺盛に入り込んで
娘に貰った時間を大事に過ごした有り難いひとときでした。
d0175338_7274997.jpg

まだまだ気になる場所が鎌倉界隈にはたくさん
いつか北鎌倉も歩いてみたい。

最終日に時間を調整し長女とも半日一緒に過ごしました。
将来の夢や今後の進路 就活の話題が中心で
聞き役にしかなれないけれど 
しっかり自分のことをわかっているから大丈夫かと
これも遠くから見守るしかないようです。

私も頑張ろうと思えた初夏の関東。 
3月末の電力不足が心配された影響も影が薄れ
鹿児島から出て行った私にも優しい街に戻っていました。
d0175338_1932423.jpg

帰りの搭乗時間を気にしつつ
横浜駅周辺の食品売り場で美味しそうなものをあちこち見て回り
箱がかわいいお菓子やハードで素朴な味がするパンを買って
自分のお土産にしました。
今日は 野菜をごろごろと煮たスープと一緒にそのパンを頂きました。
[PR]

by petitmugi | 2011-05-18 20:56
<< 初夏のにおい ゆるゆると >>