イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
初夏のにおい
義母の病室を出たあと 実家まで走っていました。
d0175338_2013487.jpg

一緒に味わいたい先日持ち帰ったお土産と土産話を抱えて。
義母の入院のおかげで
その延長で実家にも立ち寄る楽しみも増えました。

畑の土手のノイチゴを一枝持ち帰りテーブルに飾ります。
コバンソウやツバナが揺れる野山を見ていると心が穏やかになれる。
忙しく流れる都会の人混みも苦手ではないけれど
やっぱりここは豊かだなぁと思えるのは私の物差し。
d0175338_2012351.jpg

バラの美しい季節 わが家の2鉢のミニバラも今が満開。
北向きの玄関では 鉢植えの花も上手に育てられないと
自分でそう思いこんでいたのでしょうね。
それを指摘してくださったteboyaのオーナーさん。
「育たないと思う気持ちがあると植物も枯れますよね。
それなりに手をかけてあげたら育ちますから。」
私の思い込みで可能性を摘んでしまっては 
わが家にやって来た草花にほんとに失礼
人との出逢い 子育ても一緒ですね。
なんだかほっとする気持ちになれた。 
義母の病院への道のりを国道3号線で北上する楽しみに
teboyaさんへ立ち寄るという喜びが加わりました。
 
先日 友人からご自宅で育てているという桜島のビワが届きました。
先取りの旬の味に もうこんな季節・・・と
四季折々を愛でるひとときを贈られた気持ち 立ち止まっては癒されます。
d0175338_2013480.jpg

みんなで少しずつお裾分けして頂いたあとの残りを
シロップで煮ました。
桜島の灰で傷まないように手をかけて育てられたビワは
実家の庭先に手入れなしで育っているビワとは
そのボリュームも味も違います。
d0175338_16261312.jpg

ビワを煮たシロップで作ったのどごし柔らかなゼリー。
よく冷やしてさわやかに頂きました。
d0175338_20144630.jpg

それから 鎌倉由比ヶ浜方面を散策していた折入ったお店で
気になって買った無農薬甘夏みかんのマーマレードを
クレープに添えて頂きました。
d0175338_20153984.jpg

静岡のみかん農家のお母さんがこしらえたという愛情一杯のジャムは
素敵な装いでお洒落な店内のカウンターに並んでおりました。
果肉や皮を丁寧に処理されていて
そのすっきりした味わいは まさに初夏のお味。
[PR]

by petitmugi | 2011-05-21 20:52
<< 魅力ある場所 看病の旅 >>