イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
旬の頂き物と
今夜もたくさんの画像を並べました。

旬のいろいろな恵みをあちこちから届けて頂き
台風の進み具合を気にしつつ台所で過ごしたこの週末でした。
d0175338_2245557.jpg

1キロ程のいちごを煮て 
娘達にも送りましょうかと 集めた空き瓶に詰めて。
 
d0175338_22463181.jpg

残りのいちごは 水とレモン汁で煮てイチゴ水に。
軽く煮たあとそのシロップがイチゴの赤色に染まるのを待ち
d0175338_2247482.jpg

そっとガーゼでこしました。
ダイアナがイチゴ水のつもりで飲んでしまった
マニラ手作りの葡萄酒を思い浮かべる時。

そして 北海道のM子さんから今年も届いたアスパラを
d0175338_22474191.jpg

美味しく頂こうと あれこれ楽しんでおりました。
d0175338_22481831.jpg

さっと蒸してマヨネーズで頂く。
d0175338_22485827.jpg

実家から貰ってきた卵とグレープシードオイルやオリーブオイルで
マヨネーズを作って旬を味わいました。
バジルやパセリ すり下ろしたニンニク少々等を混ぜ込んだり。

揺れるトウモロコシ畑に爽やかな初夏を思いながら
あの頃を心地よく過ごした町のことを思い出しつつ
d0175338_17511071.jpg

今日は父の75歳の誕生日でした。
タイミング良く嬉しい特産物が届き
食卓へのせられたのは本当に有り難いことでした。
昨日
「明日の台風が心配だからやっぱり行けないかも。」
と言った両親が 昼前
「たいした風ではないからやっぱり行けそう。」
と言うから急な展開で食事の支度に慌てましたけど
わが家で昼ご飯を囲んで父のお祝いが出来ました。
d0175338_1752079.jpg

慌てた分だけ さっさと作れるメニューばかりが並び
蒸したアスパラや湯がいたとうもろこし。
d0175338_20254361.jpg

冷凍庫の魚類で作ったちらし寿司。
昨日の残りの肉じゃが。
d0175338_17523993.jpg

蒸し物 揚げ物 漬け物
d0175338_17531877.jpg

アスパラの炒め物 等々
時間をかけないで用意したものばかり。

父母がわが家を訪れたのも 久しぶりのことでした。
夫と4人で食卓を囲みながら 両親があることの有り難さを思い
老いてなお お互い支えつつ今日がある夫婦の形を思うのでした。
いつでしたか 法事の折
夫婦のカタチをユーモラスに説経なさったお坊さんがいらして
『努力の30代』 『忍耐の40代』 『あきらめの50代・・・』
耳を傾けながら苦笑いが涙に変わったのは
『やっと感謝の60代』 そして『別れの70代』という言葉。
せめて70代までは寄り添っていたいけれど
心がけても先のことはわからないのが現実。
だから『努力』も『忍耐』も『あきらめ』も『感謝』の気持ちも織り交ぜながら
夫婦でいられる日々を楽しんでいこうと思うのです。
そんなことを誓った父の誕生日でした。
d0175338_17535337.jpg


それから 
「これが今年最後のビワでした。」
と 再び届けて下さった桜島のビワ。
d0175338_22493284.jpg

お気遣いに感謝しながらも
惜しげもなく シロップで煮て ジャムも作りました。
d0175338_20224249.jpg

ビワのタルトやバターケーキに混ぜ込んでみたらどうかなと
想像は膨らみます。

いろいろに目をつぶって忙しく台所へ立つ日々でしたけど
小さな達成感に囲まれてみると
目の前の事柄も一つずつ片付けていこうと
ちょっとだけ気合いも入ります。
[PR]

by petitmugi | 2011-05-29 23:01
<< ビワのタルト 魅力ある場所 >>