イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大切なひととき
冬がテーマの表紙用イラストをS-paxさんへお届けして 
一息ついているところ。

あと もう二仕事。 
d0175338_21511835.jpg

葉ボタン描いたら新年らしくなるかなぁと思ったのですけど
12月から抜け出せてない。

父は骨折療養中の為 大好きな山畑に出られずの年の瀬。
日常の力仕事を母のみの労力で補うには負担も多かろうと
実家通いも加わりつつ毎日を過ごしていました。

干し柿用のあたご柿がまだ枝の先に残っていて
d0175338_21514281.jpg

母が担いできたはしごに母が登り
それを押さえておくのが私の役目で
はしごの上から思いっきり柿に腕を伸ばす母には まだまだかなわない。
d0175338_21521751.jpg

きのこ類の菌を植え付けてある林を母と巡ると
古い樹木にヒラタケがくっついていました。
天ぷらや鍋物に コリコリした食感が楽しめます。
d0175338_21525083.jpg

先日頂いた柚子のジャムを思い出し私も作ってみようかと思ったところ。
無農薬で手入れも行き届かず見た目は悪いのですけど 身体に優しいのです。

自家製の鶏卵13個で作る母のカステラは
大きすぎて既成の箱では納めきらず 今回S-paxさんに受注し作って頂きました。
もう400個くらいは焼いたかもという母の手作りカステラ。
d0175338_21531919.jpg

真っ白でシンプルな貼り箱を100個。
いつものお茶請けに お礼やお遣い物に 季節のご挨拶にと
お届け物の母の定番になりつつあります。

新箱に詰める第1号を私も焼いて貰いました。
顔彩で描いた彩りを添えて。

それから 今日のことを少し。
一息ついたことろにわが家を訪ねてくれた友人と
今日は たくさんのおしゃべりをしました。
d0175338_2153559.jpg

用意した温かいランチも すっかり冷たくなってしまうくらい し過ぎました。
終わりのない会話の中に お互いのこれからを
素敵に生きていく為の大切なものが見え隠れするのに
それでも答えは見つからない。
d0175338_2154217.jpg

白菜のスープ
大根の詰め物等 あたたかい椀を

柚子ジャム入りのタレで焼いた鶏肉
サツマイモのポテトサラダ等 お弁当のおかずのような数品を

昨夜のアジお刺身の残りをトマトソースで煮て
ソテーした野菜と一緒に。
d0175338_2154565.jpg

時間がそれ程ないことに気付いてから
大急ぎでお出ししたデザートは
ココア地に苺のクリームを巻いたロールケーキと
キャラメルのミニクグロフ。
d0175338_21553054.jpg

馬頭先生のパウンド型で焼かれたキャラメルケーキの味はなかなか忘れがたく 
レシピを想像しながら私も試してみたところ。
カラメルに生クリームを加えながら柔らかいキャラメルをこしらえ
パウンドケーキ生地に混ぜ込んでいきます。
それらしい風味に嬉しくてしばらく懲りそうです。 
d0175338_21555486.jpg

年賀状欠礼の喪中便りを眺めながら
元気でいられることが当たり前ではない世代に入っていることも
痛感しています。
ご無沙汰していてもお変わりなく子育て終了間際を愉しんでおられると
信じて疑わなかった友人のご家族より届いた便りに
驚き その哀しみの置き場所が未だ見つけられないまま
年賀状も用意する頃になりました。
「お元気でいらっしゃいますか。」と添え書きするペン先に気持ちを込めて。
[PR]

by petitmugi | 2011-12-17 00:12
<< クリスマス ありがとう 台所から >>