イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もてなし
冷え込んだ年明けから7日目 
風は冷たいけれども新年初めて仰いだ晴れやかな空でした。
 
娘のような彼女達お二人が帰られたあとは
また静かなわが家に戻っていました。
d0175338_2122189.jpg

今日は七草
彼女たちの朝食にと パン食を並べてしまったけれど
七草粥を一口でも用意してあげたら良かった。
夕飯時 無病息災を祈りつつこしらえた儀式のような質素なお粥は
もたれ気味の胃にとても優しかった。
実家から調達していた大根とカブ せり ハハコグサの4草に
ネギやほうれん草等 残り野菜を加えてやっと7草。
d0175338_21223040.jpg

「七草粥を作りたくて昨日 草を買っといたの。」
という娘達は 都会の新居でままごとのようなご飯作りを楽しんでる。 

さて
夫と2人だとお祝いの箸袋もないお節膳を用意してから数日め
昨日はお客様の為に簡単な箸袋をこしらえていました。
d0175338_21225737.jpg

書店で 何の雑誌だったか目に入った箸飾り。
こんな作りだったかな・・・手持ちの紙の端切れが生きてきます。
ゴミにするにはとてもとても勿体ないのし袋の水引飾りは
大事に仕舞ってありました。
こんな時の手仕事材料にしようと思っていたのに それでもハサミを入れられない。

それから お客様の朝食用にと煮たリンゴのジャム。
粗塩でごしごしと磨いた皮も一緒に煮込んで
優しい色合いのジャムができました。
d0175338_2123328.jpg

いつもより 手の込んだケーキを作ろうと試みたことを作ってる傍から後悔。
材料代も作業時間もかかった上にカロリーの高そうなケーキが出来ていました。
d0175338_21241284.jpg

それで 気を取り直して作ったクレームブリュレ。
混ぜるだけの作業だけど バーナーで表面を焼く手間を喜んで貰えます。
d0175338_21244723.jpg

手際よくパンを焼こうと ふんわり甘みのあるパンを朝食用に作り始めたのに
その行程も終わりが近づいた頃気付いたバターの入れ忘れ。
なんだか気の毒なパンが出来上がっていました。 
d0175338_21254787.jpg

お節の一部品切れした惣菜を作り足してみたり
d0175338_21262628.jpg

ナッツ類を足して カジュアルに。
冷たくても頂ける物は 先に食卓にお出しし
ピザやポトフ 揚げ物等 後から足していきました。
d0175338_21265740.jpg

お刺身も腰の曲がった海老も。
やはりお客様がお見えになると
材料に見栄を張りたくなるものです。
d0175338_21272830.jpg

そして 今朝お出しした朝食。
d0175338_2128225.jpg

ぱさぱさ気味のパンをはちみつやジャムをのせて食べてくださった。
d0175338_21285237.jpg

おしゃべりに花咲くひととき。
まだ20代の彼女たちには 優先したいおつき合いもたくさんあるでしょうに
正月早々私達夫婦の住まいにお泊まり合宿予定を入れてくださる事に
毎年感謝しているのです。
しばらくお客様のもてなしが続きますが 有り難いこと。
台所仕事はマイペースに走り出しています。
[PR]

by petitmugi | 2012-01-07 23:04
<< もてなす喜び 幕開け >>