イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
omameさんのパン屋さん
提出だけを意識したイラストを ずうっと描いていました。
描いてるというより悩んでいる時間の方が恐ろしく長く はかどらずに。

今日は 厳しい寒さも手伝って固まってしまった背中を伸ばしに南へと走ってきました。
d0175338_22535497.jpg

先日 cafe AOBAさん横 右隣にパン屋さんをオープンされたomameさんに
会いに。
d0175338_22561464.jpg

そのパン屋さん『te to.te』は
万之瀬川河口にかかるサンセットブリッジの下付近にあります。
遠慮がちなかわいい看板がガラス戸の下にちょこんと置いてある入り口が
なんだかomameさんらしくて。

花ちゃんといつも一緒 の家族 omameさんをとりまく環境 
自分の使える時間は限られている中で 
そのバランス加減に悩みながらも大切な時間を捻出していくomameさんは
いつも心地よい刺激を分けてくれる私のお手本でもありました。
d0175338_22545594.jpg

店内にはパンがいっぱい。
ホシノ酵母のパン。
丹沢酵母のパン。
イーストで焼いたパン。
リンゴ酵母のカンパーニュ。
d0175338_22581248.jpg

「パンが減るけど選んでも良いですか?」と
欲張って 私はいろいろなパンをセレクトしていきました。
d0175338_22591941.jpg

お客様がいらっしゃらない合間を見て
画像もたくさん撮らせて頂いて
d0175338_230176.jpg

どれだけの時間と労力でこれだけのパンを焼かれたのか
その集中力を想像しながら ただただ嬉しくて。
出かけるのが楽しみな場所がまた一つ増えたこと。
進化し続けるomameさんと花ちゃんの夢の続きをみていられること。 
d0175338_225772.jpg

ご主人が作って下さったという窓際のテーブルにパンが並び
ちょっと休憩の出来るomameさんセレクトの本が並び
素敵なアクセントになっているのは
omameさんが編んだ帽子や編みかけの手袋 小物。
d0175338_231631.jpg

花ちゃんの送迎に合わせて半日近く過ごされるこの場所でも
omameさんの魔法の手は しなやかに動いてる。
わが家のように居心地の良い場所で
お店だということを忘れそうでしたけど
d0175338_2314299.jpg

「冷凍にして大事に頂きますから。」と言いつつ
いろんな種類のパンを分けて頂き帰ってきました。
d0175338_2322311.jpg

いろんな酵母の違いも味わいたくて幸せな大人買い。
d0175338_2325343.jpg

そして omameさんのパンを丁寧に頂こうと
d0175338_2334183.jpg

根野菜と白菜のスープをこしらえて
d0175338_2345036.jpg

あり合わせの野菜でサラダを作りました。
クリームチーズとサワーポメロとサツマイモのサラダ。
リンゴの自家製酵母で作られたとおっしゃるカンパーニュは
つんとリンゴジュースのような香りが漂い
ハードな食パンは天然酵母で粉と塩と砂糖でシンプルに焼いたとおっしゃる。
ご飯の変わりにいつもこんなパンを食卓に添えられたらいいなぁ。
d0175338_234117.jpg

食べ過ぎかと思ったのですけど
ふわふわシフォンも頂いてみました。
d0175338_2352255.jpg

煮た姫リンゴや実家で出来たキウイを添えてみたり。
d0175338_2355653.jpg

cafe AOBAさんでのランチは次回の楽しみにして
早々に帰ってきましたけど
綺麗に晴れた空の下 良い気分転換のお出かけになりました。

d0175338_2364198.jpg

omameさんのかわいいパン屋さん
te to.tecafe AOBAさん横 右隣
 木・金・土 (11:00~16:00)
(オープン情報はブログの方でもご確認くださいね。) 


思うようなパンが焼けずに
それもどんどん下手になっていく気がして
ほんとは美味しいパンを少しだけ買って食べる方が
楽だし経済的かなぁなんてことも思ったりしていたのですけど
omameさんの
「大丈夫 焼けますよ!」
と言って下さった力強い言葉が耳に残っていて
またまた調子にのって楽しく焼いています。

先日の残っていた丹沢酵母で焼いたシンプルなパン。
イチジクとクルミが入ってほんのり甘くてしっとりです。
d0175338_238498.jpg

omameさんからアドバイス頂いたように
ぎゅうっと成形することに気遣ったら 焼いてる最中もぷうっと膨れていきました。
d0175338_2392884.jpg

かわいいクープが嬉しくて。

そして 黒豆の残りを入れ込んで焼いた抹茶のケーキ。
d0175338_2372241.jpg

黒豆 結構使えるので また煮ようと思います。
d0175338_238993.jpg

長い書き込みになりましたね。
読んで下さってありがとうございます。
[PR]

by petitmugi | 2012-01-27 00:40
<< 記念日 パンを焼いた日 >>