イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
節分の日に感謝
なんだか眠気を誘う昼下がり 今日は立春。 
寒い日が続きますけど今日の穏やかな日差しに心も和らぎました。

昨日は節分の一日を ようやく実現した顔合わせ
mapleさんと089さんと過ごしました。
お土産に頂いたお菓子は
かんころ餅のような干し芋の味がして どこか懐かしさがこみ上げて来ます。
d0175338_11121775.jpg

それぞれお忙しいところを この日に合わせてくださってのランチ会
おつき合いの年月に差はありますけど
いろいろな引き出しをお持ちのお二方 
いつもおしゃべりな私が寡黙になりながら(笑)
圧倒される程の引き出しから引っ張り出される会話は
女子会の域を超えてときおり子育てセミナー 
カルチャースクールのようでもありました。 
d0175338_11131094.jpg

少しだけ節分も意識したのです。
ご家族と頂く夕ご飯の太巻きにかぶらないように控えめに用意した裏巻き。
d0175338_11134618.jpg

私の育った実家では 節分に太巻きを頂くという習慣はありませんでしたが
赤大根の酢の物は 節分の夜のご馳走でした。
母は今でも 節分用に持っていきなさいと
畑の色つき大根を分けてくれます。
d0175338_1115185.jpg

大根は 豚バラと煮込んで 
芸術的な姿をしたロマネスクという珊瑚カリフラワーを添えてみたのですけど
今一つ似合いませんね。
d0175338_1114123.jpg

母の畑の野菜にサワーポメロジャムで煮た鶏肉を和えたサラダ。
スーパーに並びにくい珍しい品種を作りたがる
母の好奇心旺盛な野菜作りには いつも感謝。
d0175338_11162874.jpg

紫芋は大量にふかしてつぶして冷凍庫に小分けしてストックしてありますので
あとは玉ねぎのスライス炒めを足してスープ牛乳でのばし
ミキサーで撹拌して出来上がるお手軽メニューです。
スープのお供に焼いた天然酵母のパンを一切れでも味見して頂くつもりだったのに
お出しするのを忘れていました。
d0175338_11144388.jpg

ブリとサワーポメロのカルパッチョは 適当に材料を皿に並べた後に 
美味しいオリーブオイルと塩
黒胡椒 赤胡椒 あごだし白ポン酢『これから』をかけています。
調味料は贅沢だけど 簡単な一品です。
d0175338_1117150.jpg

レンコンのしんじょ椀。
ジャガイモ 山芋 大根 サツマイモ 里芋といろいろな応用が出来る椀物です。
銀杏と椎茸入り。

磯遊びもプロ級の彼女が差し入れてくださったナガラメの甘辛煮は
冷凍庫に保存してらしたというとても貴重な一品。 
磯の香りはそのままに美味しく調理してありました。
d0175338_1116327.jpg

「It was good taste!」
彼女を講師に 途中から英会話サロンと移行していくノリの良さ。
d0175338_14323067.jpg

「糸子」ではないけれど
体型に合わせて裁断し試行錯誤で縫っていかれるとおっしゃる。
洋裁の腕前はセンスと個性がキラリと光り
味わい深いオリジナリティを醸し出しています。
なんて柔かい方なのだろう。
d0175338_11173731.jpg


数時間かけてランチを頂いたあとに ようやくお出ししたデザート。
2月の声を聞くと チョコレートのお菓子を作りたくなります。
d0175338_11182265.jpg

夫のおやつや夕飯にすぐに役立ちそうな物まで頂戴して
お手製のクリームパンや惣菜に混ざって
お嬢ちゃんが作られたというトリュフも!
風味の良いクリーミーなチョコがすうっと溶けていきます。
d0175338_11191512.jpg

ゴボウや人参にたっぷりの鰹節が入っていたのは
枕崎ならではでしょうか。
ご飯が美味しい。
d0175338_11195231.jpg

湯がいていたほうれん草にこのお味噌を足して和えただけなのですが
美味しい一品になります。

そして 彼女がプレゼントして下さった小麦の古いブローチ。
d0175338_11203283.jpg

私は このブローチの似合うコートが作りたくなりました。

お客様に気遣わせないよう喜んで頂けるようにと
実家から運んだ野菜中心に作るお昼ご飯作りも楽しめました。
昨夜から 週明けには提出予定のイラストも また描き始めました。
いつも忙しく動いていらっしゃるお二人に時間を作って頂き 
こうして刺激的な時間を愉しめたことは
また今日の自分へプラスとなって返ってきます。
感謝です。
[PR]

by petitmugi | 2012-02-04 15:33
<< 特別な時間 記念日 >>