イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
美味しいは嬉しい
深い青の広がる海辺でした。
新しい毎日は人々との出逢いを誘い 新鮮な感動で日々を埋めていきます。
パソコンの前に座る静かな時間を作ることも後回しにして
私は これというこだわりもなく動いています。 
d0175338_2230710.jpg

遠浅の美しいサンゴの海に そんなつもりはなかったのに胸まで浸かって
どこから見ても中途半端なモズク採りです。
お椀一杯くらいの漁で その夜は質素なモズク祭りを大げさに。 
d0175338_2230344.jpg

実家から届いたキジの卵とすり下ろした長芋を添えて
こりこりねばねばの食感を愉しみました。
有難い食と人とのご縁に ただ感謝。

ずうっと北の国のM子さんの畑には
いつものようにアスパラの季節がやってきて
d0175338_22185135.jpg

いつものように作らせて頂いたお便りも添えられ
我が家の食卓にも初夏が来ました。
d0175338_22272978.jpg

北海道のアスパラを惜しげもなく調理して贅沢な朝ご飯ができるのも
M子さんのアスパラがある今の季節のみ。
d0175338_22283340.jpg

実験のようなレシピつくりに
d0175338_22284543.jpg

欲張って野菜を入れ過ぎたものだから
水分が多すぎました。
キッシュのそれのようになってしまったケーク・サレ。 
d0175338_22292225.jpg

M子さんが サイズの選別をする間もなく
朝採りしたアスパラを箱に詰めて大急ぎで送って下さるので
サイズに合わせてメニューを工夫する愉しみもあります。
細めのアスパラをマリネにしてみたり。

丁子屋さん『なごみ酢』にオリーブオイルや黒胡椒等を足して
d0175338_2229345.jpg

海を越えても お安い送料でお取り寄せできるお醤油に頼りながら
変わらない食卓を作っています。

もう丁子屋さんの白だしを切らしてしまったという娘。
それでも お弁当用のきんぴらゴボウや肉じゃがを作ってるというけれど
美味しくできてるのでしょうか。
鹿児島の甘いお醤油からなかなか卒業できない娘達も
渋谷ヒカリエさん内のD&DEPARTMENTで
麺つゆ等が買えるようになったことを喜んでいます。
以前ですといろいろな食料品をみつくろい一緒に梱包して送ったものですけど
こちらに来て何の送り物もできていないのが
少しストレスでもありました。

それで 荷物は増やさないつもりでしたけど
夫に専用の冷凍庫を買って貰ったものだから
毎日が冷凍食品作りの日々と化してきました。

d0175338_22313319.jpg

いつものダコワーズは 無塩バターをきらしていたのに手に入らず
有塩バターでバタークリームを作ったので
塩味のコーヒークリームになってしまいました。

ボート型のタルトにはアントシアニンがたっぷりの紫芋を詰めました。
d0175338_22314644.jpg

作ったキャラメルのクリームを
d0175338_22321041.jpg

アイスクリームに混ぜ込んでみたり
d0175338_22315870.jpg

パンに巻き込んでみたり
d0175338_22324523.jpg

巻き込んだついでにツナと新玉ねぎの調理パンも。
d0175338_22325676.jpg

「今年も 元気な証拠を送りました。」
とおっしゃる電話の向こうの優しい言葉に 有難かったトウモロコシ。
その瑞々しさと甘みは独り占めできずに
あっという間に消えました。
娘達にも 冷凍のカットコーンを作ってお福わけ。   
d0175338_22333463.jpg

お弁当のおかずに便利な材料や昨夜こしらえたご飯物や惣菜も含めて
今朝 集配の方にお願いしました。
炭水化物中心の冷凍食品 娘たちは喜んでくれるでしょうか。
[PR]

by petitmugi | 2012-05-28 09:43
<< 6月の雨です はじめましてのパパイヤ >>