イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
台風の余韻
半分が吹き飛んでしまったテラスの屋根 緑の傷んだ庭 壊れた雨戸
そういったものを見なければ 
今日も 青い空に濃い緑の丘 穏やかな海のある静かな一日でした。

嵐のやってくる前日の夕方
「木からどうせ落ちるのだから 台風対策です。」
そうおっしゃってご近所のご主人が差し出して下さったグァバ。
想像できない大型台風への不安を トロピカルな香りが一掃してくれました。 

d0175338_13552421.jpg


4日目に入ってしまうのだろうかと心配した停電 断水 携帯の圏外
共に解消され心配していたより早い復旧に 今日は感謝しておりました。

まだこれからという時にあっけなく停電に陥り
蝋燭と懐中電灯の灯りで時を重ねたのは この場に及んでの読書三昧。
ラジオも入らずに強弱を繰り返す風の音だけがにぎやかで
夫とは いつも以上にたくさんのおしゃべりを繰り返しました。
d0175338_13545263.jpg

悩みつつ貴重なバジル殆どを刈り取り
哀しいかな それが正解でした。
今は 立ち枯れ葉をなくしたバジルの枝が 2本立ってる。

風が吹き出す寸前で刈り取られたバジルは
レンジで数分乾燥させた後ミルでひいてドライバジルになりました。

d0175338_13553546.jpg

紫色が個性的。
d0175338_13554991.jpg

そのドライバジルを徳之島の海水から作った塩に混ぜて
バジルソルトをこしらえて。
d0175338_1355599.jpg

ふかしたジャガイモが お洒落な味に変身しました。
d0175338_1356914.jpg

急な日のもてなしにも慌てないように
我が家には1週間分くらいの生鮮食料品がストックされていたのですが
停電のおかげで早急に消費しなければいけない残念さ。

1㎏程の冷凍ラズベリーも ジャムになり
d0175338_13565962.jpg

卵が卵焼きになり ご近所にお裾分けしたら 
そのお礼にと 冬瓜と地鶏を頂いて
d0175338_13571986.jpg

冷蔵庫にあった野菜を足して 筑前煮のようなお惣菜になったり
地鶏のおこわもこしらえたり
d0175338_13572783.jpg

ガスが使えるって なんと有難いことかと感謝しつつ
昼間の殆どを 台所で過ごしていました。
そうやって出来上がった一品は 夫と二人では食べきれないから
お裾分けにとご近所へ消えていき 
ぎゅうぎゅう詰めだった冷蔵庫も冷凍庫も
だんだんと奥が見えるようになりました。 
d0175338_1358322.jpg

豚のひき肉はドライカレーになり
ガスコンロのグリルで焼いたナン作りも楽しめました。

停電から3日目にもなると 冷凍の魚肉は殆ど解凍されてしまったから
d0175338_13581930.jpg

エビ アサリ イカ 鶏肉 一気に消費するため作ったのは
パエリアでした。
d0175338_1358273.jpg
 
高級食材のサフランがなくて スープにターメリックを足して炊いたライスに
ソテーした魚介類を並べて蓋をして蒸しあげただけ。
d0175338_13584047.jpg



オーブン等の家電が使えたら それはとても便利。
使えないことを嘆きたくなるけれど あるものを工夫する方がずっと楽で
より豊かな気持ちになれることを実感した台風日和になりました。

d0175338_22412752.jpg
 
久しぶりに作った栗原はるみさんのレシピで作るドーナツも
キビ砂糖をまぶして とても美味しかった。

『始めちょろちょろ中ぱっぱ
じゅうじゅう吹いたら火を引いて
赤子泣くとも蓋とるな
最後にワラを一握りパッと燃え立ちゃ出来上がり』
そんな1節を思い出しつつ鍋で炊いたご飯もお焦げ付きで
夫のお弁当も作れました。
昭和の生まれ 無駄のような1節も唄のように染み込んでいます。

コインランドリーに走っても良かったけれど
お風呂に一杯貯めてあった水で1枚ずつ洗面器で洗った衣類も 
台風が去った翌日にはよく乾いて
洗濯板が欲しくなりました。


昨日は PC 携帯ともに圏外から解放され皆様のメッセージも一度に届きました。
お返事が まだまだ間に合いませんけど
お気遣いのメッセージ 本当に感謝いたします。
ありがとうございます。
[PR]

by petitmugi | 2012-08-30 23:23
<< お菓子を焼きながら 残暑お見舞い申し上げます >>