イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
嵐の前の静かな夜です
本当に台風がやってくるとは思えない程 静かな夜です。

このひと月 2週間おきに現れる台風進路のご機嫌伺いに関心事が集中して
落ち着けなかったのです。
その9月もこの週末でおしまい。

d0175338_7482417.jpg

梅ちゃん先生のお母さんがヒロシ君の為にこしらえた「おはぎ」が
しみじみと美味しそうだったのが心に残っていて
お彼岸は過ぎたけれども作っていました。

その梅ちゃん先生とも明日でお別れです。
d0175338_7483951.jpg

黒ゴマと黄粉 小豆餡 台所にある材料で3種類のおはぎ。

この調子でいくと 30日の十五夜はどのような空模様になるのでしょうか。
お月様は見えなくても日頃の作物への感謝の気持ちを込めて
少しですけど初物の根野菜とお団子を備えるつもりで準備しました。

栗の渋皮煮で作ったタルト。
栗好きな次女が食べたいと言ったから
大急ぎで焼いたピザや炊き込みご飯 焼き菓子や諸々のお惣菜等々と一緒に
翌朝 冷凍食品になって上京していきました。

d0175338_749016.jpg

小さなボート型に流して焼いたタルトで 私は一息。
タルト生地は やっぱり手でこねて冷蔵庫を行ったり来たりさせる方が
サクサクに仕上がるようです。

栗が生地の中に埋まってしまうのを避けたくて
生地が膨らみ始めた頃を見計らってオーブンを開けて栗を並べました。
d0175338_7491319.jpg

渋皮煮を作る最中には 煮ている最中に割れる栗が必ず出てくるので
それらをさらに煮込んでマロンクリームにして
食感も楽しめるように胡桃を足しました。
座布団に座ってる栗みたい。

それから 焼けたお菓子。
d0175338_7493247.jpg

アーモンドチュイールを焼いていると 
前田家さんの『海亀んせなか』というお菓子を思い出します。
かりっとさくっとした歯ごたえと香ばしいアーモンドがとても美味しかった。

刻んだ栗の渋皮煮と甘納豆をのせて焼いた抹茶のケーキ。
無塩バターが手に入らずにサラダ油で作りました。
d0175338_7494633.jpg

楽しい会話のちょっとした小道具となってくれたらうれしいのですけど。
d0175338_749531.jpg


度重なる台風のおかげでその心構えも慣れてきました。
携帯が入らなくなること 洗濯機が回らないこと 
温かいシャワーが浴びられないこと 水が濁ること 
真っ暗な夜を重ねること。
でも 冷蔵庫が使えなくなる残念さだけは 何度経験しても癒えません。
[PR]

by petitmugi | 2012-09-28 22:34
<< 台風一過の月夜 秋の宴 >>