イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
チュニック丈のシャツ
こんな服が縫いたいなぁと思いながら
ずうっと前にnatyucottonさんで選んだ布でした。

ようやく一枚のカタチになって とても嬉しい私。

d0175338_20504374.jpg


しっかりした張りのあるインディゴブルーのリネンは
ニュアンスのある とても素敵な布でしたから。

d0175338_2051988.jpg


茅木真知子さんのパターンはそれほど複雑ではないのに
美しいシルエットの服が出来上がってくるところがお気に入りです。
10数年前に縫ったブラウスも今でも着られます。

d0175338_20513363.jpg


昔 服が上手に縫える2つのコツは
アイロンかけを丁寧にすること 待ち針を上手に使うこと
と 教えてくれた友人の言葉を思い出しながら
面倒な工程に時間をかけて進めていきました。 
今はアイロンの当てすぎで出来上がりに張りがありますけど
洗いを繰り返すうちに布の持つ奔放な雰囲気が戻って来ると思います。

そう 本当は黒蝶貝のボタンをつけたかったのですけど
とりあえず 裁縫箱にあるバラバラのシェルボタンで間に合わせました。
ボタン探しの旅にも出かけたい気持ち。

d0175338_20515218.jpg


メンズっぽいシルエットに少しだけ甘さを添えたくて
タグ部分にアンティークレースを縫いつけてみました。
089さんから頂いて大事にとっておいたもの。
上品なサテンステッチはアイシングクッキーのデザインにして真似たいくらい。


さて 週末の甘いお菓子も少し。
ハロウィンが とてもメジャーな行事になってきても
我が家の収穫祭といったら秋の十五夜だったかなぁなんてことを思っていました。
お供え物のお団子やお菓子は子供たちが自由に貰ってよかったあの頃。
実りの季節 今でもたくさんのお菓子を焼きたくなるのは昔から変わらない。 
d0175338_20522344.jpg

この休日 ちょっと差し入れにしたくて焼いた焼き菓子とロールケーキ。

この果実のエンボスモチーフ柄のお皿はフランスから届けて頂いたものです。
サルグミンヌ窯のお皿によく見かけていたこの柄は
裏に刻印がなかったばかりに安価で譲っていただいた2枚でした。
私は このお皿を秋のテーブルに並べたくてお菓子を作っています。 

d0175338_20523337.jpg


シェルの焼き型も ホタテ型やミニ型等持っているのですけど
シリコン加工でもしてあるのでしょうか 
この型はくっきりと膨らみが現われるからお気に入りです。
d0175338_20525632.jpg

濃厚に作った苦めのキャラメルクリームを混ぜ込んだら
ちょうど良い味のキャラメルマドレーヌが出来上がります。

d0175338_20531749.jpg


キャンドル周りにあしらった松ぼっくりは
昨日のボランティア道路清掃の折 道端のごみを拾うふりをして
ポケットに入るだけの松ぼっくりと落ち葉を拾ってきたのでした。
d0175338_20534056.jpg


徳之島の秋を飾ったら自己満足のキャンドル周りが出来ました。

d0175338_20535215.jpg


カボチャのプリンは 私の気持ちばかりのハロウィン。
[PR]

by petitmugi | 2012-10-29 21:41
<< 今日の手仕事 小さな縫い物 >>