イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夜光貝を磨きに
Tさんを自宅に誘って一緒に食事をしたのも久しぶりのことでした。

d0175338_21473442.jpg


夫が出張中だったということもあり 
冷蔵庫にはたいそうな材料も入っていなかったけれど
いつもより時間をかけるとなんとか品数は揃うものです。

d0175338_21473774.jpg


久しぶりに焼いたパンは キャラメリーゼしたクルミ入りのミルクパン。

d0175338_2147549.jpg


湯がいたキャベツの葉に 鶏ミンチで作ったハンバーグを広げて
下味をつけて煮たニンジンやゴボウ ズッキーニやほうれん草等を並べて巻き
ラップでくるんでレンジで加熱したものをサラダのお皿に並べました。

d0175338_21475658.jpg


すりおろしたレンコンにエビのすり身を足して作った餅?を
お出汁で炊いた大根にのせました。

d0175338_21481841.jpg


スープは 紫芋のポタージュ。

早々に片付けて 私たちは夜光貝アーティスト池村先生の工房へお邪魔してきました。
徳之島の海の魅力を知るためにも一度は体験した方が良いと
多くの方々から勧められていた夜光貝磨き。

d0175338_21484492.jpg



池村先生は 夜光貝の稚貝放流、オニヒトデ駆除等の自然保護活動
展示会や夜光貝アートの体験教室を通して
島の文化や自然環境保護を全国に伝える活動も盛んに行っていらっしゃいます。
博物館等にも飾られるという先生の工芸品は 
繊細な美しい光をまとった上品な作品ばかりです。 
d0175338_2149578.jpg


これが夜光貝
大きいけど地味です。
夫が 先日の飲み会でお刺身をご馳走になった後の夜光貝を頂いてきました。
両手で包みきれない程大きな夜光貝を見て 
欲深い私は この貝からいったいどれくらいのアクセサリーが作れるのだろうかと想像していたのです。
しかしとても状態のよい夜光貝とお聞きし 今回はこのまま標本として保存することに。

池村先生がカットしてくださったいろいろなモチーフの中から一つ選び 
私たちは2時間ほど磨いたでしょうか。
先生のお話をお聞きしながら 
同じように真珠層の輝きに感動しつつ
その価値を見い出していった古代の人々に思いを馳せるのでした。
螺鈿細工の原料として広く知られ、昔は朝廷への献上品としても用いられていたそう。
特に奄美近海で取れる貝は 栄養分の豊富な藻類に恵まれゆっくりと成長するため 
緻密で質が良く 世界で最も美しい光沢を放つといわれるそうです。

d0175338_2149678.jpg


無心になって磨いているうちに出逢う 
キラキラと光る真珠のような輝きを目にした時の喜び
このひとときに 私も魅了されてしまいました。

最後のチェックと仕上げを先生にお願いして出来上がったネックレス。
葉っぱのような形をした一枚です。

d0175338_21492968.jpg


うまく虹色に輝く光を撮ることができませんでしたけど
重みがあって愛着も加わって 実物はもっと素敵です。
[PR]

by petitmugi | 2012-11-28 23:23
<< あたたかな部屋へ たくさんのありがとう >>