イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
初送りの粉もの
灰色の空に冷たい風吹く日和が続いています。
ピザパンから始まったお総菜 パンやお菓子作り。
年末年始の食材も使い終わり買い物から始めたせいで
娘達へ送りたい冷凍便を作るのに3日もかかってしまった。

昨日焼いたパンとワッフルも昨夜には冷凍して

d0175338_10583979.jpg


今日の船便に乗れるように先ほど出発していきました。

パンがオーブンを占領していたから その作業の合間に焼いたワッフル。
お砂糖控えめで物足りなかったから

d0175338_10584865.jpg


キャラメルクリームを足したアイシングでしっとりさせて
これで解凍しただけでも美味しく食べられるワッフルになったかな。

d0175338_10591763.jpg


送る分が減ったけど一個だけ味見のお茶時間。
徳之島のスーパーで調達したとても高価だった金柑は

d0175338_1059254.jpg


自分で食べるのが勿体ないくらい。
今年の金柑煮は ラム酒とレモンを足してシロップ煮にしましたので
ケーキのお飾りでも主役になれそうです。

d0175338_10593661.jpg


バタバタと身支度をして出勤する朝にとても役立つからと
娘からリクエストのあった調理パンは
ツナと玉葱入りのロールパン。
健康のことを思うともっといろんな野菜を足したいけれど 
冷凍品を解凍して頂くわけですので欲張れません。
パンの食感を損ねない程度に。

冷凍したパンを自然解凍して オーブンで数分あたためると
焼きたてとそれ程変わらない味を愉しめます。
サラダを添えただけの私の朝ご飯。

d0175338_10594829.jpg


サニーレタス 紫大根 赤大根
定期便のように実家から送られてくる畑の野菜は新鮮で長持ちです。
老いていく両親の野菜にいつまで甘えていられるのかわからないけど
この歳になっても野菜作りの稽古をしないのは 荷を作り送ってくれる母も嬉しそうだから。
お正月も帰らずにごめんね と母に言うと
心配いらないからもっと娘達のためになってあげてちょうだいと言う。 
恩送りという美しい言葉を思い出しながら
放っていくことも愛情だと思うのですけど
親がそうしてくれるように 私も過保護な娘達への送り物を肯定してる。
 
d0175338_110422.jpg


厳しい世界で なりたい自分を追い求めていく娘達の試練も

d0175338_1105144.jpg


時々送られてくる便りで それでも幸せなんだなぁと思い知らされるのです。

あれからすっかり遠ざかってしまっていた縫い物やイラストの仕事。
お鍋の湯気の立つ台所にいつまでもいたいのですけど
そろそろこちらのスイッチも入れなければと思うこの頃です。
[PR]

by petitmugi | 2013-01-10 12:37
<< 和菓子とバリのお土産 お菓子作り初め >>