イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
上手になりたいこと
昨年の今頃でしたか
omameさんが分けて下さった丹沢酵母で焼いたパンの美味しかったこと。
あの味を思い出しながら夜が更ける頃パンをこね
発酵している間に床につき
夜が明けるとパンを焼く そんな数日を過ごしていました。

d0175338_11385966.jpg


今日の徳之島は 日中25℃くらいあったのではないでしょうか。
ちょっとそこまで歩くのにも紫外線が気になりますし
もう初夏がやってくるような気分にもなりました。
自家製酵母や天然酵母のパン作りの修行をするなら
今の頃でしょうかと 軽く考えたのです。

お取り寄せしたホシノ丹沢酵母パン種で生種を起こし
まず最初に作ったのは クルミとイチジクの入ったカンパーニュ。

d0175338_11401418.jpg



ただ材料のイースト菌を酵母菌20gに変えただけですけど
しっとり感とやわらかさが加わっていました。
こんな味になるんだぁ という感動。

d0175338_11392913.jpg


たぶん過発酵だったと感じたテーブルパン用の生地には
頂き物のジャガ芋とカリカリに焼いたベーコンを
クリームチーズとパセリで和えて詰めました。


d0175338_11394464.jpg


そしてもう一度やり直して焼いたテーブルパン。
季節のジャムや美味しい蜂蜜を味わいたくて。
でも 毎日シンプルなパンを焼いていたら冷凍庫の中までもう一杯。 
そう 菓子パンならお裾分けも出来そうと思い焼いたのは
かもめ食堂のシナモンロール

d0175338_11403973.jpg


久しぶりに焼いたそれは 紅茶やコーヒーにとても似合う味がします。
あの頃に話題になったこの独特な形 やっぱりかわいい。
イーストで作っても美味しくいただけそうなので また作りたい。

d0175338_11405348.jpg


先日起こした生種を一週間で使い切るなら あと残り300gのパンが焼けそうです。
練習したいのは やっぱり食事に似合うカンパーニュ。
でも 高齢に向かっていく夫婦2人世帯で 
集中的に完成度の低いパンを消費するというにはかなり辛いものがあります。

そして 今日はタンカンのママレードケーキを焼いていました。


d0175338_16283298.jpg


「娘や孫たちが掘ってくれたのよ。」
と この前タンカンを下さった方から今日はジャガ芋も頂いて恐縮してしまって
お礼に大急ぎで焼きました。

d0175338_16284196.jpg


皆さんで召し上がって・・・とタンカンのママレードも一緒に。
そして マーマレードの在庫が少なくなって寂しくなり 今夜また煮始めました。
今度は果実が一杯の優しい味のママレード。



さて あれから傍らには布を置いています。
布の配置をそのままお盆の中に収納して
手が空いたときに一枚ずつつなぎます。
居間でも台所でも 狭い我が家どこにでも移動します。

d0175338_16291333.jpg


宿題が嬉しいパッチワークを通してのおつきあいも始まりました。
[PR]

by petitmugi | 2013-03-01 22:40
<< 桃の節句の頃 旬の宅配便 >>