イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
名残惜しいひととき
明日明後日にはお別れする方々と 名残惜しいひとときも過ごしておりました。
こっちに走ったりあっちに走ったり
それでも行き届かないことばかりです。

押しつけになっていないかと思いつつも差し上げたくなるお菓子。

d0175338_172704.jpg


冬でも温暖な気候のおかげで 
鉢植えのローズマリーやバジルは今でも花を咲かせています。
アールグレイ入りのミントティークッキーを焼いていました。
歯磨き粉を食べるようで とおっしゃる方もいますけど
少しレモンの香りも忍ばせて さらにさわやか。

勿体ないからお水にもなり

d0175338_17261870.jpg


3畳ほどに広がったミントの占める面積を草取りのついでに減らしています。

d0175338_17272955.jpg


アールグレイのパウダーに
生クリームを混ぜ込んで焼いてみたミルクティーのケーキ。
濃厚な香りと一緒に疲れがとれたなら。

d0175338_1728960.jpg


ダコワーズを焼いた残りの卵黄で作ったクレームブリュレ。
実験のようですけど これにもアールグレイを足して紅茶のそれにして。

d0175338_17282214.jpg


オーブンが温まったついでに あと数種類。

d0175338_17285784.jpg


彩りを想像しながら 今日のお抹茶はダコワーズになりました。
中に挟んだ餡は 小豆あんのバタークリーム。

d0175338_17291668.jpg


卵白を加熱処理して作ったバタークリームを挟むと
常温で持ち歩くことも少々は大丈夫です。

『男子ごはん』で栗原心平さんが作っていらしたチョコレートケーキを
フラワー型で作ってみました。

d0175338_17292763.jpg


お母様の栗原はるみさんから教わったとおっしゃるこのレシピは
さっくりしっとりのとても美味しいケーキです。
濃厚なのに軽く感じる口当たり。

焼き菓子はこれくらいにして

d0175338_1729419.jpg


いちご大福を足して
お菓子の詰め合わせが出来上がりました。

d0175338_17301740.jpg


それから 搭乗の邪魔にならないようにと小さな袋に少しだけ詰め込みましたけど
貰ってくださるでしょうか。

d0175338_17304849.jpg


そして お菓子を入れるつもりの袋を布でこしらえていたら 
結局 ファスナー付きのポーチになっていました。
最初からポーチのつもりで作ったら良かったのです。

d0175338_17311231.jpg


ありがとうとご苦労様と
新しい暮らしの中で 一日も早く穏やかな日常が訪れますようにと
そんな気持ちを込めて。
[PR]

by petitmugi | 2013-03-28 21:03
<< 徳之島から 節目の季節に ありがとう >>