イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
涼しげな2枚
義母が 誕生日プレゼントにと送ってくれた布を眺めていたら
作りたいパターンが いくつか頭に浮かんだのです。

その一つが
数年前に買った月居良子さんのパターン本に掲載されていたワンピースでした。

d0175338_2231398.jpg


まるで この一着を縫ったら?といわんばかりのスカラップレース地でしたから
このページの着用モデルさんが 娘のようなお年頃の方だったにもかかわらず 
自分にも似合うパターンとの思いこみから裁ち始めたのでした。

d0175338_2233525.jpg


スカラップ模様のおかげで面倒な始末がすくない分
勢いよく半日で縫い上がってしまったけれど
どうも このかわいらしいフリル袖が私の顔に似合わなくて。

d0175338_2235265.jpg


翌日 このお袖を取り除いて袖ぐりの始末をしてみました。

d0175338_220795.jpg


やっぱり そう。
こちらの方が 49歳の私にはしっくりとくるのです。
袖のあるインナーと重ねたり カーディガンを羽織ったり。

d0175338_2241693.jpg


猛暑の折 毎日ステテコみたいなペチパンツばかり履いているので
それとの重ね着にもちょうど良い緩い一着が出来上がりました。

衿ぐり始末に使ったバイアステープとタグの代わりに施した古い刺繍レース地は
見えないところへの小さなこだわりです。

義母に見て貰える服が出来上がって嬉しい。

d0175338_2211138.jpg


ミシンを出したついでに縫ったカーテン一枚。

d0175338_2244019.jpg


我が家の古い部屋に似合っていても
Tさん一家の新しいおうちに馴染んでくれるでしょうか。

d0175338_2245382.jpg


手持ちのリネンガーゼに刺繍布で丈を足しました。
natyu cottonさんで求めた思い出深い布は大事に少しずつ使ってきました。
じいっとミシンに座っている時は 暑さも忘れます。


それから 台所仕事のことを少し。

d0175338_2252079.jpg


小さく作ったティラミスケーキ。

d0175338_2253377.jpg


冷凍庫に眠っていた生地に具だくさんの夏野菜で またまた焼いたキッシュ。

d0175338_2254620.jpg


喜んで頂けるだろうか という思いで始まる手仕事も
いつの間にか 自己満足を楽しんでいることに気付きます。

 
[PR]

by petitmugi | 2013-08-02 23:54
<< 夏の帰省 真夏の徳之島 >>