イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
青い花とお菓子と針仕事
『ブルースター』
花屋さんで見かけると 幸運をみつけたような気分で
連れて帰りたくなるのですけど
開花の旬はいつなのかを知りませんでした。

d0175338_10583225.jpg


夏から霜が降りるくらいまでの秋 花をつけるそうですね。
Tさんから頂いた寄せ植えの可憐な花は
途切れる間もなく愉しませてくれています。

d0175338_10585619.jpg


本当は 切り花にするのも勿体ないのですけど
薄水色から柔らな青へ 薄赤紫から桃色へと
朽ちるまで色を変えるブルースターに魅せられています。


d0175338_1059719.jpg


さて 先の台風が通り過ぎて 猛暑が遠のいた気がします。
いくらか過ごしやすくなった台所で 今日は数種類のお菓子を焼きました。

d0175338_10592527.jpg


朝のジュース用に買っていた熟したバナナに
クルミとヨーグルトを足して作るバナナケーキ

d0175338_10593489.jpg


クルミと黒糖のクッキー。

マドレーヌには蜂蜜の変わりに苦めに作ったキャラメルクリームを混ぜ込んで

d0175338_10595196.jpg


しっとりと焼けました。

d0175338_1101046.jpg


それから 冷凍保存にしていたブルーベリーを マフィンに混ぜ込んで焼きました。

ブルーベリーでお菓子を焼くと 卵やベーキングパウダーに反応して
食欲減退してしまう灰色や青銅のような青緑に変色することがあります。
それをなるべく押さえたくて ヨーグルトやレモン汁の酸味で中和させたり
最後にブルーベリーを潰さないようにさっと加えることや
時間を置かずにオーブンに入れることなど 少々気遣います。


d0175338_11144065.jpg


それでも もっと美味しそうなビジュアルにならないものだろうかと
見た目に反した優しいブルーベリーの味を噛みしめながら
毎回考え込んでしまいます。

しっとりした頃を見計らって食べて頂きたいお菓子を焼きました。
焼き菓子に紅茶や珈琲の香りの似合う季節が嬉しいのです。

それから愉しい縫いもの。

d0175338_1111612.jpg


先日縫ったワンピースに ボタン屋さんから届いた貝ボタンが並びました。

d0175338_1113061.jpg


アコヤ貝の控えめな白が 17個並んだ前立てに陽差しが反射して時折光ります。
娘に似合いそうなワンピースも
これだけ丈が長ければ 50歳が近い私にも気軽に着られるでしょうか。

d0175338_1115263.jpg


合わせて履いてみたシューズは 先日 長女から送られてきたものです。
CROWN (クラウン) JAZZはイギリス製のレザーシューズ。

d0175338_112263.jpg


ラッピングに添えられたカードの裏には 

美味しいご飯をたくさんありがとう
毎日大事に食べています 

の文字。


そして ミシンに紺色の糸をかけたついでに もう一枚縫いました。
直裁ち直線縫いの簡単なエプロン。

d0175338_1122490.jpg


紐通し穴に 長い紐を通しただけですけど
体型に合わせてギャザーを寄せることができるとても合理的なデザインです。
120㎝幅ありますからそれくらいウエストが大きくなっても大丈夫。
natyuさんが作られていたエプロンを参考に縫いました。

d0175338_1123721.jpg


このスカラップレース入りのダブルガーゼは
検索でなんとなくたどり着いた通販サイトで購入したものです。
今更ながら natyuさんのお店に伺うと
必ず縫いたい布があったことを 今は寂しく思い出しています。


それから 北海道のM子さんご夫婦の畑のとうもろこしで

d0175338_10573858.jpg


コーンポタージュスープを作っていました。
新鮮な生とうもろこしで作ったポタージュの美味しさ びっくりの甘さ。
濃厚なままに頂きました。

d0175338_1057586.jpg


徳之島にも美味しいものはたくさんあるのですけど
北海道の大地の恵みには 参ってしまいます。
メロンもようやく食べ終わったばかり いつもいつも恐縮です。
[PR]

by petitmugi | 2013-09-05 21:22
<< 手作りのポーチ 夏を惜しみつつ >>