イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
栗のお菓子
あれから 数人のお客様のもてなしを数組 
それから 久しぶりの仕事に赴いた1日 
マイペースから逸脱した長い長い1週間を過ごしていました。

気が付いたら9月はもういってしまい
ようやく栗のお菓子をこしらえたい気分になれた昨日

d0175338_1444464.jpg


「明日の主人の誕生日に 簡単なケーキを作りたいんだけど・・・」
とおっしゃる方のお電話に
「今から モンブランでもこしらえようかとカスタードクリームを作っているのですけど。」
とお話ししたら 間もなくお見えになって 
我が家の台所でケーキ作りが始まりました。

私が 冷凍庫のタルト生地を取り出し
バターと強力粉を施した型に その生地を敷き始めているのをご覧になって
「もっと簡単なケーキでいいの。」
とおっしゃる。
本当は ホールのモンブランタルトを完成させるつもりでしたけど

d0175338_14443684.jpg


その行程の大部分を省略して ただの渋皮煮の焼きタルトが出来上がったのでした。
アーモンドクリームの生地には 裏ごした栗も混ぜ込んであります。

甘いものがお好きだとおっしゃるご主人
手作りのこのケーキを 喜んでいただけたでしょうか。
こうして記念日のお手伝いができて 幸せのお福分けをいただいた気持ちです。


私が 前日に焼いていた小さなタルトは

d0175338_1444146.jpg


ゆがんで不格好ですけど いろんなクリームが愉しめるモンブランタルトになりました。

焼いたタルト生地にアーモンドクリームを流し込み土台を作り
カスタードクリームの上に渋皮煮 さらにカスタードクリームと生クリームで覆い
裏ごした渋皮煮を混ぜ込んで作った栗のクリームを絞り出しました。  

栗の渋皮煮を全部使い切って ストアに並んでいた栗を購入してきたところ。
d0175338_1447182.jpg



大人買いしたくても 私の価値観では1㎏しか買えないくらいの高値。
モンブランが大好物の次女にも食べさせたくて 気が早いけど年末年始用です。

タルトが焼けてくる間に用意したお昼ご飯。

d0175338_1442187.jpg


冷めても頂けるようなものばかり数品
冷蔵庫のお総菜と一緒に盛りました。

d0175338_14422650.jpg


今年は 初めて頂いたパパイヤ。
昨年の台風の影響で 今年の実りは寂しいものだったようでとても貴重でした。

d0175338_14452613.jpg


ソムタム風の和え物。
パパイヤ漬けを作って保存していたら 鶏飯に添えることも出来そうです。

d0175338_14433369.jpg


シロップ煮にしたサツマイモは くちなしの実で色づけしました。
レモン汁を加えると味が締まります。

d0175338_14424460.jpg


輪切りにした長いもの上に こんもりと盛ったのは肉まんの具
肉まんの皮を作る行程まで行き着かずに 蒸してあんをかけてお出ししました。

d0175338_1443892.jpg


頂き物のサツマイモで作ったポタージュスープ。
甘味の少ない品種は お料理にジャガ芋のように使ってしまいます。

そして 変わりやすい秋の空。

d0175338_14461049.jpg


余っていたソースや たくさん頂いていたピーマンでピザも焼きました。

d0175338_14463345.jpg


M子さんから届いた 大地の恵み。
たくさんのジャガ芋 タマネギ カボチャ。

d0175338_14465675.jpg


徳之島のジャガ芋の季節は初春から。
大急ぎでお裾分けしても たくさんの総菜やお菓子も作れそうです。
まず カボチャのプリンやキッシュを焼きたい。

気分も すでにハロウィンの10月です。
[PR]

by petitmugi | 2013-10-01 16:50
<< 焼き菓子に偲びつつ 天高く馬肥ゆる秋 >>