イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
年の瀬に
クリスマスが終わると 迎える新年へ向けてスイッチが切り替わります。
さぼりがちだった庭の草取りをある程度で妥協して
それから部屋を整えて

d0175338_20294349.jpg


花を生けて。
門松のように2つのカップにお正月の花を刺していきました。

d0175338_2029575.jpg


オアシスを覆うには もう少しグリーンが欲しいなぁと思っていたら
夫が山に自生する松を調達してきました。 

d0175338_2030153.jpg


少しずつですけど
動いているうちに部屋の空気にも新年を迎える緊張感が生まれてくるものです。

d0175338_20303499.jpg


100円均一のお店で買ったお正月飾りを組み立て直し
紅白の紙で作った御幣を足して玄関のドア飾りを作っている途中です。
これにウラジロ 小ミカンをつけたらもう少し見栄えのする飾りになるでしょうか。 

今年も届けて下さった桜島の小ミカン
テーブルに置いていると お正月が来る前にどんどん消えていきます。

d0175338_20305364.jpg


そして 実家から届いた畑の野菜と鶏の卵。

d0175338_20311266.jpg


収穫した生椎茸と自家製の干し椎茸は とても貴重
お節作りはもちろんですけど 乾燥剤を忍ばせて少しずつ大切に使います。 

d0175338_20313165.jpg


白カブ 赤大根 紫大根 サラダ菜 
笹 ナンテンの葉や実 ユズリ葉 枝付きのシークワーサー
お正月の食卓を彩る脇役にと母が見繕ってくれたもの。

このお正月も帰らず徳之島で過ごす私達を 義母も両親も気遣ってくれていて
いつまでたっても親は親なんだなぁと思う。

d0175338_20314741.jpg


私は 例年より早くお節作りにとりかかっています。
日持ちのするもの 温め直しのできるものから
忘れ物がないように。


d0175338_2032559.jpg


明日には娘2人 こちらへ帰省します。
長女がお正月に私達家族と過ごすのは4年ぶりでしょうか。
初めての徳之島で年末年始を過ごす娘達と
普通のご飯を作る時間の方を大事にしたい。

d0175338_20322741.jpg


義母の送ってくれたきびなごいりこで作った田作。

d0175338_20323576.jpg


先日 お土産にと頂戴したお芋で作った栗きんとん。
黒豆は 北海道のM子さんが送って下さったものです。
お醤油を入れずにシロップ煮のようにホワイトラム酒を足して煮ました。

d0175338_20325784.jpg


海を渡ってきた金柑の高値には 購入するのも躊躇してしまいます。
でも皮が柔らかそうで美味しそうで・・・
13粒入った一番小さなパックを買って煮ました。

d0175338_203364.jpg


コンロには次女からリクエストのあった豚角煮。
大根も飴色になってきました。

d0175338_20333748.jpg


娘達と久しぶりに囲む食事を用意するのが 私の楽しみです。
離れて暮らす娘達と年末年始を これから何回過ごすことができるだろうかと
大げさですけどそう思いながら台所に立っています。
[PR]

by petitmugi | 2013-12-28 22:31
<< ゆく年 もうすぐクリスマス >>