イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バレンタインデーと休日の海
オリンピックの映像に一喜一憂する日々。
女の子のお嬢様のおられるご家庭では 
甘いチョコレートの香り漂う先週だったのではと 幸せの光景を想像しております。

お土産に頂戴していたボリュームのあった花束も
日数を重ねる事に本数が減ってきましたけど
バレンタインの日にも 華やかさを足してくれていました。 

d0175338_1194217.jpg


庭の隅っこで花を咲かせているスミレの花に
シュガーの衣を着せて デメルのスミレの砂糖漬けと一緒に
チョコレートムースケーキの上に飾りました。

夫への日頃の感謝の気持ちを込めて。

d0175338_119217.jpg


一気にかけたグラサージュの艶が美しいケーキです。
バレンタインデー用に作ったケーキでしたけど週末のお茶時間に重宝して

d0175338_1195545.jpg


二人で半分ずつ食べ終わりました。
余ったムースを砕いたビスケットの上に流し込み
冷やしたグラスケーキのおまけ付きです。

d0175338_11103640.jpg


冷え冷えとした画像になったのは 良かれと思い敷いた紫色のリネンクロスのせい。



さて 早いもので徳之島も春と冬が行ったり来たりしながら2月半ばも過ぎました。

d0175338_116284.jpg


暖かくなったら始めようと思っている酵母のパン作りもまだ始まらないまま
粉の味のするパンが恋しくて

d0175338_116183.jpg


全粒粉2割混ぜ込みサフでカンパーニュを焼きました。


d0175338_1171058.jpg


粉のいい香りが漂う頃にはポトフも柔らかく煮込まれて
贅沢な時間を味わった先週末のひとりの昼ご飯。

d0175338_1165210.jpg


夫が出勤していったあとの今朝のひとり朝ご飯も

薄くスライスしたカンパーニュにサラダや常備菜のマリネやベーコンを挟んで
頂きました。

先週末辺りからご近所はタンカンの収穫で賑わっています。
見た目は今一つですけど味は最高ですからと
数カ所から頂いてしまったタンカンで
甘い柑橘類のある毎日を味わっております。

d0175338_1151558.jpg


タンカンでジャムも作りたくて皮はせっせと冷蔵庫で保管中。
美味しい柑橘類のジャム作りも今ならではの台所仕事です。


休日の台所仕事からもう一つ。
昨日は総菜の余り物で 夫と2人で頂くお弁当をこしらえ
お昼も近づいた頃から海辺へ出かけました。
 
d0175338_11111477.jpg


クジラ岬の名前の付いた見晴らしの良い場所へ。
久しぶりのお天気に先客も多く
お弁当を広げる若いお母様方や子どもたち
傍らのカフェでのランチを待っていらっしゃる方々が
広々とした野原に足を止めておられました。

d0175338_1112072.jpg


みんなの視線の向こうは

そう クジラです!
私の双眼鏡までセットして貰って沖合を遊泳するクジラを見ようと
d0175338_11122536.jpg


作ってきたお弁当を夫と頂きながら(笑)
まったりと待つこと1時間ほどだったでしょうか。


d0175338_11131221.jpg


こんな日は美味しく感じるお湯を注ぐだけのみそ汁。

近くで ざわざわと歓声があがったかと思うと
肉眼でも見られるところで クジラがバシャバシャとはねながら
数分置きに海面から潮を吹き上げ息をする光景が見られて

d0175338_11133640.jpg


私もたくさんのシャッターを押したのですけど
1ミリくらいの小さなヒレが悲しく映っているだけでした。

みんなの羨望のまなざしを集めながら広い海原を悠々と泳ぐクジラを
私達は1時間ほど 飽きることなく眺めて帰って来ました。
初夏が来る頃まで徳之島近海ではクジラが見られるそう
予定のない休日は 夫と海辺でのクジラ観察会が しばらく続きそうです。
[PR]

by petitmugi | 2014-02-17 12:26
<< タンカンと雛飾り チョコレートと冷たい雨 >>