イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
出逢いの季節です
年度変わり特有の慌ただしさもようやく落ち着き
いつものなんでもない日が戻ってきました。
友人達とお菓子を作る時間も愉しみながら

d0175338_2183257.jpg


お二人一台ずつ焼いたタルト。
ストアーで購入したこちらでは高価なフルーツを持参くださって
思いの外 美しいフルーツタルトになったと思うのです。


d0175338_2184853.jpg


さっくり焼いたタルト生地にアーモンドクリームを流し込み焼いて
カスタードクリームの回りには ホワイトチョコ入りの生クリームを絞ってあります。
タルト作りの合間に召し上がって頂けるよう用意したランチは
タケノコが主役のちらし寿司や常備菜の煮物

d0175338_2192826.jpg


冷凍庫から取り出したナンや牛スジカレーを
蒸し器やお鍋でもう一度温め直してお出ししました。


d0175338_2194743.jpg


フルーツタルトのかわいらしさに癒されて
先日のはじめましてのお客様に用意したお菓子もタルトレット。

d0175338_21101761.jpg


地元の方から頂戴したタンカンは水分が多いのですが
ナバージュでコーティングして気持ちだけ飾りました。

d0175338_21104243.jpg


地元産のサツマイモを裏ごしして作ったプリンも前日に蒸しておきました。

d0175338_21432434.jpg


作り置きのお総菜を春らしいプレートにのせて
庭から調達してきたお花を飾り 軽く温めたポトフを添えて

d0175338_21115031.jpg


ようこそいらっしゃいました の食卓も出来上がりました。
白いリネンクロスの皺がかなり気になりますけどお許しくださいね。
d0175338_21131882.jpg




煮物ばかりに明け暮れたタケノコも
ちょっと目先を変えて地元産のジャガ芋や新タマネギと一緒にポトフになって
焼いたパンと一緒に愉しんで頂きました。

d0175338_21134471.jpg



ポトフの脇に添えたパンは
喜界島産のゴマを混ぜ込んで焼いたセサミブレッド。

d0175338_2112525.jpg


黒すりごまに白いりごまのダブル使いで 風味も良いゴマのパンが焼けました。
ゴマの油成分のおかげでしょうか しっとり焼けたような気がします。


それから ライ麦粉を混ぜたイチジクとくるみのパン。

d0175338_21121789.jpg



焼きたてのパンを一人試食したお昼ご飯。
室温も発酵しやすい季節になって
起こしたホシノの丹沢酵母でいろいろなパンも焼きはじめました。

d0175338_21141112.jpg


友人宅にお誘い頂いた折のお土産に作ったティラミスのシャルロット仕立て。
お誘いすることは多くてもご馳走になるのは久しぶりのことで
とても新鮮な時間を過ごさせて頂きました。

d0175338_21184381.jpg


旬の野菜を使った煮物や珍しい天ぷら
具だくさんの鶏飯を準備くださっていて美味しく頂きました。

余った材料でカップに作ったティラミス。

d0175338_21191197.jpg


その時に余った材料で作ったタンカンのレアチーズケーキ。

d0175338_2120519.jpg


タンカンを乗せすぎて 今にも倒れそうですけど美味しくいただけました。

d0175338_21201839.jpg


1週間分の ここまででもずいぶんたくさんの画像を貼り付けましたけど
朝ご飯の食卓画像も数枚残っていました。
庭の手入れ前にしっかり頂きたくて用意した二人分のお魚定食。

d0175338_21205028.jpg


歓迎会シーズンの飲み会明け
胃腸の弱った夫に柔らかく炊いたご飯の定食
どれも筍三昧です。

d0175338_2121246.jpg


お客様から頂戴したフルーツと黒糖イチジクを添えたヨーグルトが美味しくて

d0175338_21583824.jpg


最近はスムージー作りをお休みしています。
[PR]

by petitmugi | 2014-04-20 16:01
<< 酵母のパンと苺のお菓子 旬をいただいています >>