イラストと手仕事のある暮らし。毎日が喜びの日々となりますように。
by petitmugi
LINK
メインサイトはこちらです。
プチパニエ メインサイト
 
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
梅雨空の東京
降り続いた雨がようやくおとなしくなりました。
この梅雨空 明日も続くのでしょうか。

ブログの更新も滞ったまま
自宅を留守にして娘達の暮らす東京へ出かけていました。

d0175338_20522782.jpg


一週間ぶりに夫と頂く身体に優しいご飯で ようやく静かな日常が戻ったという実感
棚からお気に入りの器を並べるひとときは 愛おしく感じられるものです。

d0175338_20511439.jpg


雨に濡れない日が貴重だったくらい
梅雨入りしたばかりの東京は毎日雨が降っていました。

娘達の暮らしを訪ねたのは一年ぶり

d0175338_2162361.jpg


故郷を離れて7年目になる長女と 4年目の次女
娘2人 同じ住まいに暮らしながら
それぞれの価値観で それぞれ必要とされる場所で
自己表現のできる自分の居場所を見出していました。

私の上京に合わせて田舎の実家より届いていた野菜や卵たち。
北海道のM子さんのアスパラまで届いていて

d0175338_2131512.jpg


私は 美味しいものを娘達に食べて貰おうと
たくさんのご飯をせっせと作る毎日。

d0175338_2225516.jpg


広尾に美味しいエッグベネディクトの食べられるお店があるから行ってみない?と
誘ってくれたけれど 自宅で作るご飯をなるべく食べて欲しかったから

d0175338_21351023.jpg


次女と一緒に作ったエッグベネディクト。
オランデーズソースは ちょっと緩すぎましたけど・・・。

必要な日は毎日作った長女のお弁当。

d0175338_21361380.jpg


プラスチックのお弁当が竹や木のお弁当箱になったら
どんなに美味しいでしょうかと思いつつも
これで良いのと言い張る娘に その朝作れた精一杯のお弁当。

オーガニックのオートミールで作ったグラノーラは

d0175338_2137932.jpg


忙しい朝にフルーツと一緒に食べて欲しい。
ドライフルーツやナッツ類入りの簡単なものでしたけど
それで充分な美味しさでした。

d0175338_21384076.jpg


白い磁器の洋食器はなんだか味気なくて
Stile-Hug Galleryで開催中だった作家さんの器を購入。

d0175338_21394212.jpg


原宿の賑やかな通りから少し入っところにある静かな佇まいの素敵なお店でした。

d0175338_21434457.jpg


林拓児さんの楕円のお皿は 

d0175338_2231647.jpg


使い込んだマットな雰囲気の美しい器

d0175338_2232879.jpg


どんなお料理も素敵に変身させてくれるような印象深い一枚でした。

d0175338_21454116.jpg


長女のリクエストでキッシュも2度程焼きました。
自分でも作れるようになりたいと言うので
キッシュの焼ける型も用意して置いてきました。

d0175338_21474451.jpg


ブルーベリーと苺が一緒に飾れるのがとても新鮮で
美味しそうに変身したフルーツのタルトレット。

d0175338_21485379.jpg


ハーブの葉 一枚がなかったのが少し残念。

娘達のお気に入りのカフェに出かけることもありました。
店内に流れる音楽やこだわりのインテリア 美味しい珈琲に新鮮なお料理等々・・・
雨の日の一番の癒しになったかもしれません。

d0175338_21284351.jpg
 

そして最後の朝ご飯は次女の好きな炊き込みご飯を
早朝炊いて おにぎりにして置いてきました。

d0175338_2238243.jpg


次に 娘達に会える日はいつになるでしょうか。

d0175338_22412472.jpg


空港まで送るからと羽田まで送ってくれた長女。
習い事や友人達との約束を先延ばしにして
1週間つき合ってくれた二人には感謝しています。

d0175338_230423.jpg


アイフォンで撮った画像とカメラで撮った画像を混ぜながら ここに残しました。

それぞれの場所で 必要としてくださる方々に支えられながら
年々たくましくなっていく娘達に 置いていかれないように
私も一日一日 精一杯の毎日を愉しもうと思えるのでした。
[PR]

by petitmugi | 2014-06-16 23:16
<< 旬の恵みの台所仕事 やさしい手仕事 >>